Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


優しいおばちゃん~ミラノ~

ミラノは電車の駅が大変立派です。
中に大きな階段があってね、上を見上げると彫刻がしてあって。

Stazione

あ、でも、気をつけて。上を見上げている間にスラれるよ。本当に駅にスリが多いから。

で、そんなミラノ。都会でございます。
初めて訪れたときは、比較級ですが、一番感動しなかった町(すいましぇ~ん)。

落書きがローマより多いなぁというのもありましたが、都会はどこの国も大差がない。
だから、感動が薄かったんですね。
都会ってどの街も構造が似てて、機能的で、みんなが忙しくて、それでその街の独自性が薄れてしまうんじゃないかなぁと思います。
なんていうのかなぁ、う~ん、京都駅は、反射鏡になったガラスの、えらく近代的な建物でしょ。
あの建物自体は、いいんですよ。でも、京都らしさを感じられないでしょ?
東京にあっても、大阪にあっても違和感がない。独自性がない。そんなニュアンスです。

ミラノも何度も行ってると、イタリアのほかの都市と比べて、雨とか霧といった気候の特徴や、人の雰囲気とかが違うのがわかってくるんですけどね。

でも、何だかんだ言って、ミラノが一番たくさん訪問した都市なんですよね~。


旅行で行ったときは、最後の晩餐を見たり、ブレラ博物館に行きました。
ブレラには私の感動した絵、「死せるキリスト」があります。
そして、仕事のときは、時間ないので、どっこも行けまへん。10間で自由時間2時間ですから。
2週間以上の時は、さすがに週末ゆっくりできますけどね。

イタリア人は仕事を遅くまでやらないから時間できるでしょ?と思いきや
チッチッチ、ホテルで仕事があるんですぅ~
日本宛に。日本は夜中だけど、こちらの報告を向こうの翌朝みるんです~。
それに、ホテルに帰ると日本から連絡が来てるのよぉ。
ゆったり視察旅行してる人もいるんだろうけどね。所詮、私の海外出張はこんなもんです。

滞在中、大抵一度は、激ウマパンツェロッティを食べます。
仕事の都合でお昼を食べ損ねると(だって電車がちゃんと来ないんだもん)、ここで買って、広場でドゥオモ見ながら食べたり。
海外出張に来て、楽しみなんて食事しかないのよぉ~

店の名は、ルイーニ (霧で曇って見づらいですね~)
Luini

ここの店は地球の歩き方にも載ってるからご存知の方もいらっしゃるんじゃないかしら。
南出身のおじちゃんが始めた、トマトソース、モッツアレッラ、ちょっとお肉がはいった揚げパン(ピザ生地)を売ってる店。
ほうれん草入りのものもあります。
10数年前に初めて行った時は、貧乏旅行で、レストランに入るお金もなく、列になっているこの店を見つけて入ったのでした。
おいしくて有名だというのは、日本に帰ってかなーり後になってからのこと。

その当時、イタリア語でしってるのはチャオとプレーゴだけで、まーったくわからなかったので、もちろん、ジェスチャーで購入しました。
ルイーニのおばちゃん二人が、貧しそうなアジア人2人(私たちです)に、とっても親切に対応としてくれて感激したのを覚えています。

ジェスチャーで「飲み物いる?」とか、おばちゃんも私たちと同じように指差して、「どれ?これ?」とかやってくれて。
結局コーヒー頼んだんだけど、イタリアでカフェといえばエスプレッソのことで。
我々が、カップの中身をみて「う~ん・・・」って言ったのをみて、おばちゃん、指差しで、「ここまで?ここ?」というジェスチャーとお湯を指差し、薄めてくれました。
今では、大好きなエスプレッソも、当時、我々にはなじみがなくて。
おばちゃんたち、忙しいのに、飲み方まで教えてくれて(砂糖をたっぷり入れてグールグルと混ぜるってだけなんだけど)、とても良い思い出です。

おばちゃんの笑顔がミラノで一番印象に残ったんだよねぇ。
旅行って、どこに行って何を見たということよりも、こういうことが良いんだよねぇ。

二回目以降はもうそのおばちゃん達がいなくて、若い人に代わってました。
「あの時、ものすごく嬉しかったんです。ありがとう」って言えたら良かったのになぁ。

イタリア旅行でいい思い出のある人~ぽちっとな
バナー


関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/110-57035d73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。