Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


すごい別荘 (ヴィッラ・アドリアーナ2)

いや~、よく寝た。昨日も今日も、目が覚めたら昼でした。     寝すぎだっちゅ~の

一昨日、初めて会った社員の人に、原 沙知絵に似てるって言われて、
ちょっと有頂天なDelfinoです、こんにちは。

以前勤めていた会社では、「南方系」だの「インドネシアにお前みたいなのいるよ~」とか
「茶色い」だの言われていたのにねぇ~
あ、私、クリスタル・ケイにも似てるって言われた事もありました。 彼女、好きだから嬉しかったわ♪

新しい環境は、新しい自分を作れて良いですね。
このまま、がんばってボロをださないように、今のイメージをキープしようと思います
すでに仲間内ではバレてて、男らしいって言われているんで、時間の問題だけど(笑)


落ち着いたら、無性にイタリアが、ローマに行きたい病がムクムクと。。。誰か止めて。
ということで、ヴッラ・アドリアーナ(ラテン語でハドリアヌス帝)のつづき。(前半→ここ

ハドリアヌス帝が、ローマの属州を視察して、思い出に残ったものを再現して作った別荘。
別荘と言っても、見学には最低3時間はかかりますけどね。 

この別荘、何がすごいって、ほとんどの部屋に暖房器具(床暖房とか)があった事。
いや~、すごい。
太陽の熱を使っていたりして、現代の電気のように安定供給じゃなかったにしてもスゴイよ。

それでもイタリアなワケ
プレトリオ Pretrio 

この写真だと、ただの廃墟にしか見えませんが(笑) 倉庫です。
矢印のように、中を歩く事もできます。見るだけじゃなくて、入れるってワクワク♪します。


それでもイタリアなワケ
118-130年という時代に、こんな↑技術があるなんて、昔はローマ、すごかったんだなぁ。

こんな地下道みたいなトンネルを抜けると・・・


それでもイタリアなワケ
養魚池 Peschiera

養魚と聞いて、金魚を思い浮かべちゃった。
池と言っても、プールかよっ!ってくらい大き~い
どんな魚、いたんかなぁ。どんな味だったんだろう。


それでもイタリアなワケ
大浴場 Grand Terme

ドームの下にも入れます。壁の柄が見えるんですよ~。
真下から、その大きなドームを撮りつつ「あ~、この場所にローマ人が立ってたんだなぁ」
と、昔の風呂を思いつつ、ロマンに浸るわたくしでした。

ちなみに、ドーム下に見えるのは、イオニア式の2本の柱です。
この100年後に建てられた、ローマにあるカラカラ浴場ほどの規模ではないけれど、
大浴場、大きかったです(離れた所から撮ったんで、大きさがわかりにくいかも)。

夏にはこのドームの前に舞台ができて、オペラとか劇とかやるんですって。
私が訪問したのは、8月末でしたが、このときはやってなかったわ、残念。
カラカラ浴場でバレエを見たことがありますが、ここでもやっているんですね。ステキ。


それでもイタリアなワケ
途中見つけたトンネル。その奥に何があるんだろうと思って入ってみました。
このトンネルは、夏の真昼間なのに、ほ~んまに真っ暗!
まったく前が見えませんでした。
フラッシュをたいたからよいものの、ひや~っとしてるし、恐かったぁ。
奥まで行ってみたけど、何もなくって引き返しました。

たぶんね、ここ、使用人が通っていたんじゃないかな。
使用人たちが使っていたのは、地下道だったから。
この別荘の建物周りには、城のお堀のように溝があって、溝に通路があるんです。
あぁ、階級時代。。。

で、この後、広い方へ行ってみると・・・・・


似てるかどうかは別として、女優に似ているって
言われるのって気分いいね~♪
↓ぱひ~
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


...つづきも読んでね♪
関連記事

あ~すっきり

ど~も~。ごぶさたしておりました。

忙しくって、ちょっくら間があいてしまいました。

更新してない間も、ぱひ~っと押してくださって、どうもありがとう
ほんま、うれしいわぁ。

このところ、社内試験に向け勉強してました。いや~、今回は、しんどかった。

情報のことがあるんで、内容はちょっとね・・・・なんですが、
人を巻き込みつつ、いろんなことを発表し、数種類の書類の作業もこなすという、
1時間半の口答(実技?プレゼン?)試験でございました。

結果は・・・・

それでもイタリアなワケ

一番でした~


もう、踊るしかないよねぇ~。あ~すっきり。疲れも吹き飛びました。

従業員が何万人もいるような規模じゃなくて、千数百人くらいの会社だから、
受けた人数は知れているとは言え、うれしい。

風邪気味で、オカマ声になっていたときも、鼻水が滝の時も、一生懸命勉強してよかった。
って、まだ治ってないけど。
そしてなんといっても、これまでの営業や経営管理のときのいろいろな経験が役に立ちました。


ごめ~ん、あんまり嬉しいから、ちょっとプチ自慢してもえぇ?
あとから個室に呼ばれて、いろいろ話したんだけど、ここ近年で一番だって!!
ひゃっほ~い365_20101126014250.gif


とりあえず、一山超えました。でもねぇ~、これで終わりじゃないんだよねぇ。
わたくし、12月の末にも、別の試験が、あるんだよねぇ。

転職組みが、自分の立場を確立するには、最初の一年が勝負なんだよね~。
ぼちぼちブログを更新しつつ、仕事もがんばるわ~。


明日は、久~~しぶりに飲みに行ってきまっす 週末は、今までの分睡眠とるぞぉ~☆



今日は、とりあえず、ご報告☆
わたしが、みんなにありがとうの、ぱひ~を送りたい
更新してない間もありがとう♪
でもやっぱり↓ぱひ~
人気ブログランキングへ


関連記事

今年は、まだ欲しない

今日は隣のおばあちゃまに、ランチ・ピザをお届けいたしました。
宅配ピザより早い、焼きあがってから、30秒でお届けの、できたて熱々です(笑)

昨日のうちに「明日のお昼、ピザを焼いてもって行きますね~」ってお知らせしたら、
おばあちゃん、めっちゃ嬉しそうで、かわいかった  ピザ大好きだからね~。彼女、80才過ぎてまっす

「明日、血液検査の日で、お昼過ぎると思うので、病院から戻ったら電話しますね」
って、おばあちゃん、言ってたんだけど、
「戻ってきました」の電話は、12時よりはるか前(!)で、
おばーちゃん、ピザ食べたくて、もしかして、すごく早い時間に病院行って来た?なんて
そんなおばあちゃん、大好きです

うちには、電気オーブンとガスオーブンがあるんですけど、
やっぱりパンを焼いたり、ピザを焼くのは、ガスオーブンの方が、いいですね。
プリンを作るときは、電気のほうが、うまくいくんだけど。   うちはね

それでもイタリアなワケ
さて、この時期になると恋しくなるのに、今年は暖かいせいか、まだ恋しくない

こちら↑ペルジーナPERUGINA→http://www.perugina.it/templates/default.aspx
ここね、博物館もあるし、学校も持ってるし、工場見学もできるんですよ。

私のいつか行ってみたいところベスト10リストに、入っております。
1988年に、ネスレに買収されちゃったんですけどね。
写真の雰囲気から、な~んとなく、ピンときたでしょう。


はい、ど~ん、とな


↓これ。



チョッコラータでございます

それでもイタリアなワケ

以前、「冬になると恋しくなるもの」(→ここ)で、別のメーカーのを紹介しましたので
今回はPERUGINA社のものをご紹介。
イタリア土産で有名な、BACIチョコの会社です。
私は、前のメーカーのより、こっちのほうが、美味しいように思います。

カカオ70%
23グラム/袋が、5袋入っています。
1箱(5袋)で、デブまっしぐらの442カロリー

年末、イタリア旅行に行かれる方は、ぜひ、スーパーなどのお店で。




後半は、もう一つ別のご報告
↓ぱひ~
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

これで最後

就職決まった記事に、コメントくださったり、クリックしてくださったり、
どうもありがとうございました!!!
わたしって、一人じゃなかったんだわ~って、ものすごく感じました。

友達に就職報告していても、みんな、すぐに返信くれたり、電話くれたりして
とっても嬉しくなりました。


わたしね、今回、初めて自分の好きな仕事を選んだ気がします。
他人さんから見たら、過去の職歴を考えると、なんで?って言われるような業界&給与での
仕事かもしれないけど、満足しています。

内定3社でたとか、仕事のおもしろさで選ぶか、生活とのバランスで選ぶかとか
えらそうに書いておりましたけど、わたし、50社以上落ちてます~(笑)
会社にあわせて、職務経歴の強調箇所を変えたり、自己PR書き直したり、つかれました~

転職し始めてすぐは、今までより条件を落としたくないっていうプライドがあって。
給与や待遇や、業務内容中心で選んで、応募していたんです。
でも、途中で、社会的ポジション(職種の評価や企業の知名度とか役職とか)や金銭を
優先にして、自分が幸せか?って考えるようになりましてね。
しかし、前より悪い条件にしたら、自分が妥協してるように思えちゃって、
また、気持ちがふらふらして。

若い頃は、キャリアや給与の目標が高く、その項目で会社を選んでいましたので、
以前だったら迷わなかっただろうなぁ。
今は大切なものの種類が変わってきて、最終的に、金額ではないところで決めました。
友達に話したら、年を取ったっていうことやって言われました
                                        大人になったと言ってくれ

今度は規模の大きな会社で、女性の管理職が多く、外国人も混ざっています。
仕事の仕方は、時間の長さよりも、質や中身を重視なので、ダラダラ残業は一切なし。
仕事とプライベートはキッチリ分けて、しっかり遊んでくださいと言われています。
というのも、夏期休暇が、なんと2週間もあるんですよー
もう、嬉しくてうれしくて  踊らずにいられるか


日本企業は、グローバリゼーションとか、ダイバーシティ・マネジメントなどといいますが
なかなか現実は、ともなっていません。
女性も向上心をもって、補助で良いと思う意識を変える必要があるでしょうし、
男女差のない=大変な事もあるという覚悟も必要でしょう。
また、託児所などの社会制度も強化しなければならないと思います。
とにかく今、日本は色んな面で、チャンスを逃し、もったいない状態にあるのは否めません。

日本も早く「女性は補助」的な考えから、男女関係なく評価したり、女性をうまく使っていくのに
慣れてくれるように願っています。




最後の転職になるように、がんばります
今日は気が向いたらでいいよ~
↓ぱひ~
人気ブログランキングへ


関連記事

ありがとうございました

ヴィッラ・アドリアーナの途中ではございますが、みなさまにご挨拶を。

今までどうもありがとうございました

何ヶ月も、ウダウダ書いておりましたが、おかげさまで、新しい仕事が始まりました
また、英語に浸かった日々となります。  勉強し直さなくっちゃ
迷った末に、結局、東京の仕事は、辞退することにしました。

スカウトで転職が決まり、大学院での仕事を退職。
→大阪で打ち合わせしつつ、東京勤務決定
→しばらく待機するも、聞いていた話と現実がまったく違う事が発覚
→再度、転職活動開始

という、前職をやめてから8ヶ月、そのうちの再就職活動5ヶ月。(詳しくはこちら→ここ
つらかった・・・・ 今回は、ほんとう~に、つらかった
だって、あ~た、会社からの待機が3ヶ月あったとは言え、無職8ヶ月やで!キツイわぁ。

留学8ヶ月なら、あっという間に過ぎたでしょう。
これを機に留学しちゃえと言ってくれた友達もいたけれど、
家族を養わねばならないという現状と、将来の不安が大きすぎて、
留学する気には、なれませんでした。

日本企業の、仕事や女性に対する考え方や対応が、ほとほとイヤになり、
海外に焦点を当てたり、外資に絞ったりしましたが、日本企業で働く事となりました。
最終的に、条件ばかりを考えすぎないようにして、心に従って選びました。

自分の能力と経験で、勝ち取ろうと思っていた就職活動ですが、
企業から「能力そのものよりも、人物を重視して決めた」といわれ、今はそれが
ちょっと嬉しいです。
どんな事も、ご縁とか、相性ってありますもんね。
まだ、2,3日しか行っていませんが、今度の会社は、人材に力を入れていますし、
従業員が仕事を楽しんでいる感もありますし、女性の管理職が非常に多く、
今のところ好印象です。まぁ、仕事はしんどいですけどね。


「今までの苦しみは、未来に必ず役に立つ。」
今までの人生、そう信じてやってきました。(イタリアにもこんな諺があるし→ここ
実際、私が子供の頃、学校の先生や大人たちに褒められたり、
社会人になって、良い評価を受けた時など、幼少の頃からの苦しみが役に立っていた。
(話すと、ドン引かれることが多いんで、省略させて頂きまっす☆)

どんな事が苦しみだったか苦労だったかは人それぞれだし、比較するものではないだろうけど
少なくとも誰しもそれなりに、時に、自分の力ではどうしようもないほどだったり、
身が引き裂かれるように苦しかった事があることでしょう。

もちろん、その苦しみが直近のうちに、報われない事もあったけど、
長期的に見たら、無駄ではなかったと思う。

私が思うに、人間って、不幸な事を思い出そうとしてしまいがち。
そうすることで、自己防衛だったり自己評価しているのかも。

部屋の片づけをしていて、10年以上前の日記を見つけたとき、
ある人が私にしてくれたことについて書いてあった。
それは、わたしが今その人について思っていた印象とは、まったく違うものでした。

びっくり
自分に都合の良いところや印象の強かったところだけを記憶に残してしまっていたみたいです。

不幸な事を記憶し続けるより、小さくても楽しい、幸せな事に目を向けた方が
ステキに生きられると思います。
生死をわけるような身の危険がある以外は、どこかに必ず幸せがあると私は実感しています。

どうか、今苦しい人も、不幸で自分の人生を塗りつぶしてしまわないで下さい。

確かにつらい経験をしてきたと思うけど、今までの人生で、小さくても温かい幸せがあったはず。
忘れているだけかもしれないから、思い出してみてください。
思い出せなかったら、これから見つけてみてください。



後半は、私の支えになったものよ~

人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

アドリアーナの別荘

夏に、アドリアーナの別荘へ行って来ました。

それでもイタリアなワケ
ポイキレの池 約100m×50m

といっても、アドリアーナ、わたしの友達じゃないです。ハドリアヌス帝でございます。
118年に作られた(130年に完成)、古代ローマ皇帝、ハドリアヌス帝の別荘。
彼の別荘は、今じゃ、ユネスコ世界遺産の一つです(1999年に登録)。

行き方は、また改めて書きますが、
ここから近い、ヴィッラ・デステVilla d'Esteとまとめて行って来ました。

アドリアーナは、デステと違って広かったざっと見ても、軽く3時間はかかるでしょう。
ヴィッラ・デステも、もちろん大きいのだけど、ここは、別荘だなぁと思えます。
アドリアーナは、別荘というよりは、ちょっとした町といえるくらい広大。
300ヘクタールですって!
それでもイタリアなワケに乗って散歩した方がよくない?って感じです。
敷地に入ると、全体模型があるので、ぜひその大きさを確認してみてほしいです。

アドリアーナの注意点は、炎天下それでもイタリアなワケなのに、水呑場がほとんどないあっても水が出ない
砂漠で死ぬときってこんなかな・・・・・それでもイタリアなワケって思いました。
皆さんは必ず、アドリアーナに行くときは、たっぷりの水を携帯してくださいね。

では、アドリアーナの別荘を大まかに見てみましょう~
それでもイタリアなワケ
ポイキレ Pecire 
これ、ただの壁に見えるんですけど 高さ9Mの回廊の壁です。
ポイキレというのはギリシャ語で回廊のことで、
この回廊自体は、232MX97Mという、とてつもなく大きなものです。


それでもイタリアなワケ
百の小房 Cento Camerelle

一番奥のちょろっと見えているのがポイキレで、その手前の細かいアーチのような建物が
百の小房(小部屋)。壁のそばってことで、使用人や奴隷の住居です。
手前は、まるで運動場のようだけど、ただの通り道です。


それでもイタリアなワケ
小浴場 Piccole Terme

きゃ~、みなさん、風呂ですぜ!温泉楽しんでたのねぇ、ローマ人。
ついつい、ヤマザキマリさんのテルマエ・ロマエを想像しちゃうわぁ。


それでもイタリアなワケ
大浴場 Grandi Terme

こんな大きなお風呂、何人、入れるんだろう。
いや~、風呂って良い文化だわ。


以前書いた、もう一つの世界遺産、ヴィッラ・デステは、こんなとこ
世界遺産に行って来た
ヴィッラ・デステ2
ヴィッラ・デステ最終章



中に入ると、お手洗いもないよ~
係員もいないから~(倒れても誰も助けに来ないよ~)
シリーズ化しそうな感じだけど、後半は、ここのハイライト!
↓ぱひ~
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

マロン・コンフィと悩み

ただいま~。また東京から戻りました。

行く前にネットでチェックしたら、雨となっていたので、折りたたみ傘を持って行ったら
晴れてるし(わたしは晴れ女)
温度が下がるとも書いてあったので、ジャケットを持っていったら、
最高気温が20度で、上着要らないし 荷物だけ増えて、持ち歩きに難儀で、重かったです。

さて、前回のVIRONも、トータルするとエライ値段になりましたが、
今回の東京土産は、大奮発でございます。

フランス本社ですが、日本で購入ということで、「おいしいものinJAPAN」カテゴリーに。
それでもイタリアなワケ
わ~、栗だ、栗だ~。

フランスの会社だけど、イタリアピエモンテ産の栗を
シロップに漬けています。         いいぞ!イタリア!!やるじゃん♪♪♪


それでもイタリアなワケ
ほぉ~ら、近くで見ると、こんなに、つやっつや

食べるとね、甘納豆みたいに、しっとり柔らかな口当たり。
でも、質の良い砂糖なので驚くほど軽いんだなぁ~。
和三盆を使った和菓子が、全く重くない、軽やかで上品な甘さなのと似ています。
それでもイタリアなワケ
はい、こちら。
JEAN-PAUL HÉVIN ジャン=ポール・エヴァン(→http://www.jph-japon.co.jp/
(わたしの写真はこんなにおいしそうに見えなかったんで、サイトから写真をお借りしました)

Marrons Confits マロン・コンフィでございます。
11月10日までの季節限定商品。

マロン・グラッセとどう違うのかと、以前、お店のお姉さんに聞いたら、
「お酒がはいっているか、いないかの違い」といわれたんですが、
今回、もう一度聞いてみたら、
「香り付けをした砂糖液につけ込む(煮込む)というマロン・グラッセと同じ作り方ですが
 グラッセの方は、、外側にカリカリとした砂糖の膜があり
 マロン・コンフィのほうは、その外側の砂糖のないものです。」とのことでした。

どっちが本当なのかなぁ・・・・。


今回、自宅と、いつも魚や野菜を送ってくれる第二の母的存在の伯母にも送りました。
実は、これ、数年ぶりに購入したんです。

なんで、数年ぶりかって?それは、お値段が尋常じゃないから!
1個473円!ひょえー!でしょ?

食べ物好きとは言え、庶民の私には、特別な時しか買う余裕はありません。

しかし、マロン・グラッセは、(まだ売られていませんでした。これからなのかも)
驚きの、一個 630円(税込み)!!!

もう笑うしかないです・・・




後半で、私の悩み聞いてくださる?
あいよ~って方は、
↓ぱひ~
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。