Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


べリーエー

ワタクシの髪は剛毛で量が多いというなかなか扱いづらいものなのですが、
日差しがきつくなってきて、さらにバサバサしてきましたー。
美容師さんいわく、夏の紫外線もあって、乾燥が気になるかもしれないけれど、
あまり、しょっちゅう手でさわり過ぎないようにとのことでした。
髪の油分が取れちゃうんですって。

そして、美容院で、日焼け止めスプレーというのを
かけてもらいました。
びっくりー。こんなのあるんですね。髪を紫外線から守るんですって。
乾燥を防ぐスプレーなら海外で見たことあるけど、日焼け止めスプレーって。。。
缶を見せてもらったら、本当にそうやって書いてありました。すごいな。

夜のナヴォーナ広場

今日の話題にまったく関係ないけど、夜のナヴォーナ広場です。
ジェラートを食べながら夕食後のお散歩をしてみてはいかがでしょう。
大丈夫、カップルでなくてもすごく楽しいよ!!


ところで、
ベリーエーってご存知ですか?


ベリーグッドの意味でも(いまどき親指を立てるのはダサいけど・・・)
銀行格付けのAAとかの新バージョンではありません。

ヒントは、この文字の色。30代の方はご存知かもしれないわ。




↓クリックは私のブログ更新の源ですアリガト!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


...つづきも読んでね♪
関連記事

隣へは楽して参りましょう

やる気のない兄さん
こんな会話がなされたかどうかは、わかりませんが、マッチョなお兄さまたちの像があるここは、


vittorio_emanuele
こんな、日焼けを気にしてるんだか、してないんだかわからないお兄さんも。
(ほんとは日焼けちゃいまっせ 右側のライオンに注目)


ビットリオ・エマヌエーレ2世記念堂1
はい、ここは、ローマにきたら一度は目にする、ヴィットリアーノこと、
ヴィットリオ・エマヌエーレ二世記念堂 
Monumento a Viittorio Emanuele Ⅱ
だって、この横に、バスターミナルがあるから。そして、でっかいのだ!

どれだけ大きいかというと、
monumento a Vittorio Emanuele Ⅱ
こぉ~んなに、おっきいの。
人間なんてマメです、マメ。ローマの丘から見てもすぐに見つかるくらい大きい。

ヴィットリオ

 ビットリオ・エマヌエーレ2世というと、
 ミラノのガッレリア(アーケード)を想像しちゃう。
 ミラノでも、ローマでも、イタリアのあちこちの街で、
 この名前を見るのは、


 ←このおじさん、
 イタリア初代国王だからなの~。
 あ、写真ないほうがよかった?笑う

 ヒゲとモミアゲが一体化しているのが、
 妙に気になるぅ~あ

 リソルジメントといわれる、
 イタリア統一運動を推進した人です。

 トリノ出身

中は、行って見ていただくといたしまして、この記念堂の作りかけの様子を。
1906年
はい、これは1906年です。
この記念堂は1885年~1911年までの歳月をかけて建設されました。
20年かけてこの状態ですから、ラストスパートの5年は、かなり急ピッチだった?(笑)

1911年の出来上がりも今とちょっと違います。



今日は写真が多いよ♪
写真が多いのが好きな人↓ぱひ~んっマウス(左クリック)とな
          人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

うれしビックリ!ショック・ビックリ!

Profumeria
口紅を抱えて、恍惚の表情のお姉さん。でも、格好はヌード・・・・あぁ、さすがイタリア広告

いつものように学校帰りにダニエラと過ごしていた、とある日。
(カロリーナはダニの買い物が長いので、一緒にいくのをいつも嫌がったんだよねぇ苦笑い

ダニエラがマスカラを探していたので、なんとなく入った化粧品屋のお姉さんに。

「私、あなたたち見たことあるわよ」

っていわれました たはっ笑う
「(トラムがなくなるとトラムと同じコースを走る)深夜バスにのってたよね?」って。

深夜バスといってもワタクシたちがのるのは、10時半とかそんな時間よ。
11-12時代だと男性ばかりのってるし、雰囲気もなんか怖いんだもん。
イタリア人でない欧州人と、でかいアジア人が、下手なイタリア語で話していたから目立ったか?
あ、いや違うわ。
ダニはすこしだけブルガリアブルガリアでモデルをしていたことがあるから、
彼女がきれいだったからだわ、きっと。
だって、バスの中で大きな声で話してないものワタクシたち。


こうやって言われてね、ワタクシとってもとってもうれしかった花んです。
この街に住んでいる人に気づいてもらえてて。
実際はほんのすこーし、ごくすこーしだけれども、この街に属したような気分がして。
ダニもワタクシもびっくりえぇしたけど「なんだか、うれしかったねぇあ」って。

このお店で、ダニが「この間試したマスカラすっごいだまになっちゃったんだよぉ」っていったら
「あら、じゃあ、だまにならなくて、ボリュームの出るのがあるからこれ試してみない?」っていってダニにぬってくれたのね。

ダニってとってもまつげが長くてばっさばっさと、今にも飛べそうなくらい。
そんな彼女がアイラインをぎゅっとひいて、マスカラを塗るとすっごくきれいハート
「わー、長くなったよ。これいいじゃん、だまになってない」ってダニに言ってたら、
お店のお姉さんが「あなたも塗る?」って。
もちろん、「はいっ!お願いしますjumee☆yippee3L」ってことでワタクシも。

そして「あ、でも今日もうマスカラ塗ってるの」って言おうとした瞬間
「あなた目には何もしてないの?」って。

がはははー笑い。 ワタクシこれでも、アイシャドーもアイラインもしてたんですけど。
お姉さんがマスカラを塗ってくれた出来上がりを見て、ワタクシが普段やっているのより、
もっともっと濃く塗らなくちゃいけないのがわかりました。
お試ししてもらうと、こういうのがわかるから良いわ。勉強になりました。

ダニが手持ちがなく明日買いにくるからと、開店時間をきくと、11時とのこと。
でも実はダニ、翌日ブルガリアに帰る日で。
(もっと早く買うか、お金もってこりゃいいのにぷぷ

そしたら「普通は11時だけど10時にあけてあげるから、絶対きてよ」っていってくれたの!
感じのいいお姉さんだとは思っていたけど、なんていい人なの
そりゃ、売れるのがわかってるからってのはあるけど、
オープン時間より早くあけてくれるか?ふつう。

こういう(上層部でない)現場の人の裁量で、何とでも融通をつけてくれるところは大好きです。
こういうのがあるから別のところでは、混乱もえこひいきも起きちゃうんですけどね。
ダニは私も一緒にきてっていったけど、この日は別の予定が入ってまして。
結局、ちゃんと行ったかどうかは確かめてないけど、きっと行ったことでしょう。

それにしても、なんてステキなお姉さんなんでしょう。
店の名前を忘れてしまったのが悔やまれる。
ローマに行ったら場所を思い出すだろうから、また行ってみようと思います!


ところで、最初の写真ですが、



人にかかわると旅がぐっと思い出深いものになりますね。
インフルエンザを気にせず、旅行に行きたくなったら
↓ぱひ~ん
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

ただ飯なんてものはない・・・

ローマ
はいっとな。
カラッと晴れた雲ひとつない空って久しぶりに見ました。
修正してないのよ。大きな写真を縮小しただけ。大統領官邸前のクイリナーレ広場です。

ワタクシの心もこのくらいスパッと晴れるといいな。

ということは、はい、そうです。
ブルーっていうか、グレーな気分だからなのさー。

まだまだ、ローマのことも、ほかの都市のことも、イタリア以外の国のことも
書きたいことがたくさんあって、ワタクシのことを書いている場合じゃないんだけども。
ネタが腐らないうちに、なんとかブログに書かなくっちゃ。


ワタクシのこと雇いたいって会社が。はい、イタリア勤務でございます。

おぉー!!と思ったが、時期が合わずにボツになりました。

あっさり終了。

契約内容を聞いて、これから細かなつめって段階で、時期についての問題発覚。

アウトォォオオ

でもま、3月の下旬に活動を本格的に開始して、このスピードなら、まずまずの出だしですかね。
現地にコネも何にもないことを思えば、かすりでもしただけましか。
友達の紹介が一番早いし信頼できるんだろうけどなぁ。。。友達もイタリアでは外国人だし、仕事探してるっちゅー状態なもので。
実は、ここ、労働条件で、ちょっと(いや、実はいくつも)引っかかるところがあったし、
これで良かったんだと、ご縁がなかったんだと思います。

There is no such thing as a free lunch.

訳しますと、「ただ飯なんてものはない」
日本にも、「ただほど高いものはない」ってあるじゃない?あれです。

何かを頂くと、お返ししますから、金銭的にかかるとか。
何かを紹介してもらったり、ゲットしてもらうと、ほかに良いのが出てきても変えられないとか。
ちょっとニュアンスが違うけど、ぽーんと振って沸いたように来た仕事はこういうことになるのね。

リスクを(Riskであって、Dangerではありません。日本語は結構混同して使っていますけど)
早く察知するように気をつけて、働きたい・行きたいという感情で判断しないようにしつつ、
これからも前進いたしようと思います。
※リスクはコントロールしたり、推し量ることが可能なものです。運に任せたり、闇雲にやるのはDanger

ただ飯なんてのはない・・・・のはわかってるけど
それでも、ちょっと、やっぱり惜しかった。。。かな。

が、




ここんとこ、イマイチ、ノレなかったのは仕事の多忙とこのせいでした
↓クリックでエネルギーをくださいハート
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

テンションたかっ!

ワタクシ結構ミーハーでして、去年あたりから気になっている人が。
ケイティ・ペリーとレイディ・ガガ
どっちも日本でもラジオなんかでかかるからご存知の方も多いでしょう。

イタリアの番組にLady GaGaがでた動画を見つけて見てみたら、ちょっと笑えました。
普段から、ハスキーボイスでどっちかというとぼそっとしゃべるんだけど、
彼女の家族がイタリア系ってことで、嬉しかったのもあるのか、
「この番組で私が登場するときあなたのこの曲使ってるのよー♪」っていってる
イタリア人の司会者のテンションの高さに若干引いちゃってるような(笑)

すんごいイタリアン・イングリッシュだわ~、聞いたことがない方はぜひ、どうぞ。
ま、基本的にどの国の人も自国なまりの英語だからね。
日本はアメリカ英語崇拝がすごいので、アメリカ英語以外は認めないみたいな感じだけど、
発音より中身よ。あんまり日本語英語を卑下することないと思うわ。



同時通訳じゃなくて逐次通訳だったせいで、Gagaが、本名を言ってほしくなくて
Mi chiamo Lady GaGaってがんばって数少ない知ってるイタリア語を話したのに、
司会者がそれにかぶるようにして、Stefani Germanotaって、本名ばらしてるし。

ワタクシ、あまりイタリア語上手じゃないから、アメリカのトーク番組みたんですけど、

司会者:「で、君の本名はなんていうの?なんて呼べばいい?」
GaGa :「ガガって呼んでくれればいいよ」
司会者:「え?本名教えてくれないの?君と親しい人とかもGaGaって呼ぶわけ?」
Gaga  :「えぇ、時々はね」

なんていってたのに、台無し~。

彼女のすごいのは、自分を商品としてよくわかっていることじゃないかな。
歌唱力はもちろんなんだけど、イメージ(独特の髪型や服)戦略もしていて、
おぬしなかなかやるなぁって思います。
ひとつのキャラクターを作り上げてるもんね。
普通に出てきて歌がうまいだけだったら、日本の比じゃないくらい新人がでてくるアメリカじゃ、
印象に残らないだろうし。
徹底しているのは、プライベートでもこの衣装のような服でお出かけしちゃうこと。
なんどか逮捕されそうになったって、トーク番組で言ってました。
あ、トーク番組には、スカートはいてくるんだけど、
これまた変わったデザインだったり素材なんだよね。彼女の創造力ってすごいわ。

まだ24歳なんだよねぇ。その落ち着きに、びっくりです。
14歳からナイトクラブで歌ってたそうな。両親が応援してくれていたそうで、仲良しみたいです。
パリス・ヒルトンと小学校だか、中学校だか同じだったそうで
(前にパリスがGagaにインタビューしててそういってた)なるほど、どうりでハイソな雰囲気が。

作曲はすべて自分だし、衣装のデザインもほとんど自分で考えているんだって。
(これはイタリアの番組でも言ってましたね)

普通だと歌手の前にお客さんがいるけど、この番組後ろにお客さんがいるでしょう?
ぜったい、イタリア男はガガの半ケツを凝視していたと思われる。

レイディ・ガガの足きれいだよねー。
この露出たっぷりのみてくれとあと、微妙にダサいような一昔前のようなダンスも
おそらくイタリア人のストライクゾーンでしょう。


ところで、





ほぼ毎日定期的に更新している方がどれだけ大変かよくわかりました。
どんなときも更新するってすごいよ。
↓ワタクシもやってみま~す
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

あなたに・・・

こんばんは。このところ仕事が、いっ、いそがしいっ!
今だけ、帰宅後ちょっとやりたいことがあるのに、ちっ。
何でこんなときに限って忙しいんだぁぁあああkao06 

さて。


シルビオ
今回、嫁さんに三行半突きつけられちゃったんだよねぇ。


痛いシルビオ
あいたー


ベルルスコーニ
なんちゃって~


だって、


ごぶさた~
ぱひっ↓としてから後半へ
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

ぽっぽっぽ・・・

しぇ~
しぇ~のポーズで迎えてくれるネジネジ魚さん。

しろめ
というシロメさんに迎えられ・・・・・ただいまローマ!
チヴィタ・シリーズ、一生懸命びっしり書きすぎちゃいました。
ということで、次の旅行話は、しばらくあとにすることにいたしまして、クイズです!

ここは、どこでしょ~かっ?

じゃ、もう1つヒントね。これ↓
ひゅー!
右の兄さんが、ひゅー!と吹き、左の兄さんが、がー!と口をつかんでいる像です。

これでわかったあなたは、すばらしい。ここをよく見ていらっしゃる。
ここは観光名所がたくさんあるもんね~。





答えの前にぱひ~ん、よぉ
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

番外編:チヴィタ交通情報

ここは、情報だけですので、チヴィタにいかれない方は読まなくてもいいかも~と思います。
読んでくださる方がいらしたら、どうもありがとう

捨てたと思っていたメモがみつかりましたので、
オルヴィエートからチヴィタの町と周辺の交通情報をまとめておきますね。

行く前にね、イタリアで調べたんですよ(気合
たいていのガイドブックは橋のことしか載ってないから。
どうせ行くならしっかり見たいと思って。あー、ワタクシって準備魔だわぁ。

<チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ>
住人     : 20人
トラットリア : 2軒  そのうちのひとつ → Civita B&B http://www.civitadibagnoregio.it/
観光名所  : 聖ドナート教会、サンタマリア門、ワイン醸造所、ギャラリー、
          ボナベントゥーラ(神学者)の洞窟、オリーブオイル販売所、14世紀の搾油機
食べ物    : オリーブオイル、サルシッチャ、白ワイン、羊のチーズ

もちろん、バールやジェラッテリア、お土産屋もあります。

<交通情報>訪問日:土曜
ローマ→オルヴィエート
金額 : 7.10ユーロ(R:鈍行)もしくは10ユーロ(IC:インターシティ) 
      時間によりどちらかの電車しかありません。
時間 : IC 8:55-9:54  (所要時間 59分) 
      R  9:12-10:30 (1時間18分)

もしRegionaleのローカル線に乗る場合は、座席指定がありませんので、
電車の時間より早く行って席を確保してくださいね。そうでないと1時間たちっぱなしなので。

オルヴィエート→バーニョレッジョ
オルヴィエート(カーエン広場): 12:45 13:55 15:45 17:40 18:20
オルヴィエート駅        : 12:55 14:05 15:55 17:50 18:30
バーニョレッジョ         : 13:40 15:05 16:35 18:50 19:15
(午前および夕方の時間もあります)
オルヴィエートは、
駅からモノレール(フニコラーレ)にのって、城壁内に上りますとカーエン広場があります。

バーニョレッジョ→オルヴィエート
バーニョレッジョ         : 13:00 13:35 14:25 16:40 17:25
オルヴィエート駅        : 13:35 14:00 15:10 17:10 18:05
オルヴィエート(カーエン広場): 13:45 14:10 15:20 17:20 18:20
(13:35と16:40は限られた曜日しかありませんのでお気をつけください。
ちなみにワタクシが行った土曜日はありませんでした)

オルヴィエート→ローマ
金額 : 7.10ユーロ(R:鈍行)もしくは10ユーロ(IC:インターシティ) 
      時間によりどちらかの電車しかありません。
時間 : R  13:28-14:48
      IC  13:58-15:03
      R  15:28-16:48
      IC  15:58-17:03
      R  17:28-18:48
      IC  17:58-19:03
      R  19:28-20:48

<Delfinoのコース>
ローマ発 9:12-オルヴィエート発 13:55-バーニョレッジョ発 17:25-オルヴィエート発 19:28-ローマ着 20:48

実際の時間は、電車の遅れなどがあり多少違いました。
その辺も考慮に入れられて旅の計画をたてられるとよろしいかと思います。

ワタクシは、オルヴィエートから行きましたが、
ヴィテルボ(Viterbo)やモンテフィアスコーネ(Montefiascone)からもCOTRALのバスが出ています。

電車やバスは時間や金額が変更されることがありますから、行く前には確認してくださいね。
上記内容はすべて2008年10月のものです。
<電車>    TRENITALIA
<バス>    COTRAL

<地図>
ローマ近郊
ローマ近郊

バーニョレッジョ→チヴィタ
バーニョレッジョ→チヴィタ

バーニョレッジョ停留所周辺
バーニョレッジョ駅周辺


今回は、地図を右クリックで保存できるようにしてありますので、どうぞご自由にお持ちください。


では、みなさん、よい旅を。


<チヴィタシリーズ>
ちびった、ビビッタ
死に行く町は筋トレの町だった
チヴィタの特産品
また絶対たべたい



役に立ったら↓ぽちーっ
人気ブログランキングへ


関連記事

また絶対食べたい

日本にいるのに、チヴィタ、チヴィタ言われたって行かれへんっちゅーねん!って
自分で書きながら思うわぁ。
ちゅ~ことで、本日でチヴィタ終了いたします。

次は、今まで扱ってなかった話題にするかな羅琉 ニヤリ。。。ふむ。


さーて、チヴィタを満喫して、オルヴィエートに帰るバスを待っていた。

が・・・・こないjumee☆Feel Depressed4

もうちょっと待ってみた。・・・・・こないがっくり
このとき、土曜日は、平日より本数が少ないことを知る(遅っ)


そうそう、このCOTRAL社のバス。
青い観光バスと思っていただけたらいいかなと。市バスより大型です。

COTRALは、 
Compania Trasporti Laziali SPA の略です。
ラツィオ交通株式会社ってところでしょうか。

なので、CO.TRA.Lって書いてあったりします。
オルヴィエートからバーニョレッジョまで行きたいからと買ったチケットが2.5ユーロ
帰りに、バーニョレッジョからオルヴィエートまで行きたいといって買ったら1.2ユーロ
はい、皆さん、またも宿題です。値段確かめてきてください福助


話がそれましたが、バス。
休日運行なので、次に来るまでだいぶ時間がある。ま、ないものはしょうがない。
う~ん、こんなときはバール行きやしょう、ってことで、バールを探しに。
バスのチケットを買ったお店の通りは、かろうじて何やらありそうな雰囲気。
隣の公園では、子供たちが遊んでいて活気があるのに、なぜか通りはあんまり。

3人そろって、てけてけ行ったら、あったよー。
左手にバール。でも、お客は私たちだけ
カフェ飲んで、ちょっと気分が落ち着いたところで、バス停に向かおうかと思ったら!

なんか、いいにおい&のれんの様なものが。
おぉ~、店です。


シリーズ化してきたら、ランキング落ちてきちゃった、えへ
↓ぱひ~ん
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

チヴィタの特産品

はい、食いしん坊の皆さん、お待たせいたしました。
チヴィタ名物のご紹介です。

これまでの写真でご覧頂いた通り、緑豊富な土地なので、放牧とか農業が行われています。

ということで、特産品は、
オリーブオイル、サルシッチャ(ソーセージ)
白ワイン、羊のチーズ
でございます。

サルシッチャ以下はまとめてトラットリアで食していただくといたしまして、
オリーブオイルのご紹介をば。

ここにきたら、名産品のオリーブオイルを買おうと思っていたワタクシ。
美食家の友人へのお土産にしようと思って。

友達自身も料理好きの舌の肥えた子なんだけども、
彼女のだんながイタリア料理のシェフをしていましてね。
素材が厳選されていて、見た目もうつくしい、おいしい料理なんです。
確か賞もとってたような・・・。
パスタとピザがメインですっていうようなお店じゃないんですよ。
値段もそれなりにするんですが、お忍びですごい人がきちゃうようなところで。

そんな友達に、その辺の土産屋で買うようなものをあげられないじゃない?
ということで、産地直売のオイルにしようと。
しかし、それらしき専門店が見つからず。
「見つかんないわぁ」っていいながら友達と歩いてたんです。

確か教会を過ぎたあたりだったと思うんですが、左手にこんなお店が見えてきます。

Rocchiさんの店

はい、こちら、ロッキさんのお店でございます。

ここって、一見すると普通のお宅って感じなので一旦通り過ぎたんだけど、
いいにおいがしたのよ~。で、戻って覗こうと思って戻ったらあ
ちょうど外に出てきたお姉さんが「どうぞ~」って。
「お店ですか?何屋さんですか?」って聞いたらオイルって言うじゃありませんか!
これはもう入らねば喜び

入ったら、 暑っ 暖炉で火が燃えてるのよぉ。
10月とはいえ、かなり薄ーい生地の長袖(人によっては半袖)で十分な日差しのイタリア。
あっ、汗が

はい、ここの、エクストラ・バージンオイル(Extra Verigine di Oliva)
エクストラ・バージン・オイル
 250mlで5ユーロ
 500mlだと
 確か8.5ユーロっていったような・・・
 いや、10ユーロだったかな。

 ごめん・・・・・忘れた。

 チヴィタの絵も描いてあって
 お土産にGoodグー! 

 店の中には30代後半から40代とおぼしき、
 お兄(おじ?)さんが。
 イタリアでは常識の、
 お客さんから「こんにちは」と先にご挨拶。

 とっても感じのいいお兄さんで、
 ワタクシが多少イタリア語がわかるとわかったら、
 丁寧にオイルの説明をしてくれました。

ワタクシの個人的な感想ですが、ここのオイルは、とってもあっさり。
香りも強くなく、オリーブオイルを重く感じるようなかたにはとてもいいと思いました。
エクストラでも、ワタクシはもう少し香りにパンチのあるほうが好きかな。

なんで暖炉がついてたかというとね、そこで焼いていたのだ、パンを。
すぐ横の場所にはテーブルがいくつか用意されていて、ブルスケッタを食べれるの。

オイルだけを味見させてもらって、感想を話したり質問とかしてたら、
お兄さんが、パンにオリーブオイルをたらして味見させてくれました。

う~んまいっポッ お肉もそうですけど、なんで暖炉で焼くとこんなにおいしいんでしょう。

しかもね、その味見をした後、トマトとバジルものっけたブルスケッタも味見させてくれたの・・・
いいんですか、お金とって売る商品なのに。
さすがイタリア、ありがちなパターンです。でもラッキーkao01

ちょうどこの後、前回書きましたアメリカ人のおばちゃんが来たの。
で、またワタクシたちがいて「また会ったね~」って。
「ここってなにか食べれるの?」って聞かれたので「ブルスケッタ食べられるよ」っていったら
「じゃあ、食べていこう~」って。
心の中で思いました。
おばちゃんたち、ごめん。ワタクシたちは、頂いちゃったんだよ~ん

搾油機
また、ここでは、
14世紀の搾油機
のようすが
当時のまま展示されています。


これだけじゃなくって
いろいろ道具も
壁にかけて展示してあります。



搾油機(Antico Frantoio)→


「じゃあ、ありがとうね~」っていって外へ出たら、
お兄さんが走ってきて「ちょっとまって!」って。


後半に続く~。その前に
↓ぱひ~ん
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

死にゆく町は筋トレの町だった

いやー、昨日は同僚と食事に行って、すっかり飲みすぎました。顔が腫れております。
せっかくやせた2キロも、一瞬で戻りましたがっくり
また5キロからやり直しか。。。

さ、まいりましょう、(Civita di Bagnoregio)
チヴィタ・ディ・バーニョレッジョの旅

バーニョレッジョでバスを降りてひたすらまっすぐ行ってチヴィタの直前に、
「右に行くとチヴィタ」(Via mercatello)という看板が現れます(前回の記事→ちびった、ビビッタ  
詳細は、チビタ旅行最後の記事を参照ください)
右に曲がってひたすら坂を下りていくと(ということは帰りはずっと上り・・・)
おぉーっと見えてきた!
チビタ・ディ・バーニョレッジョ
チヴィタ・ディ・バーニョレッジョでございます。

この町、まさに陸の孤島でございます。ほら。
チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ
この町に入るのに、300メートルほどの橋をわたります。
町への出入りの唯一の手段でございます。

町の入り口までまいりますとこんな感じ。
civita_di_bagnoregio
すごくはっきりと断層が見えていますね。

6世紀には、すでに町があったというこのあたり。
この地域の土は、凝灰岩(火山の噴火でできます)で風や水の浸食の影響を受けやすい地盤です。

名前にBagno(風呂)とありますように、周囲は温泉が湧き出る火山地帯だそうです。
近くに川と湖があるので、ゆっくりと、しかし確実に、地盤を変形させていきました。
その年月約1000年
ひー!すごいねぇ。
それから、大きくこの街の形を変えさせたのが、ラクイラに起きたような、地震。
最初の大地震は1349年だそうです。

ところで、この土地は、「ローマと」か「ミラノ」と比べてやたらに名前が長いですが、
もともと、このあたりはバーノレッジョという名前の地域で、その中のチヴィタという場所ってことで
「バーニョレッジョのチヴィタ」という意味のCivita di bagnoregioとなっています。
Civitasというのが領土という意味なので、バーニョレッジョの領土というのが本当の意味かも。

1695年には、かなり大きな地震がおきて、住民はバーニョレッジョの町に移住。
1944年の戦争中には、チヴィタとバーニョレッジョをつないでいる唯一の橋をドイツ軍に破壊されたりもしました。
地震や戦争などで何度も崩壊した橋。
その度に繰り返し新しく建設され、セメントで作られた橋は、現在も使用されています。

では、比較してみましょう。
1874年 2008年
はい、左が今から135年前の1874年の写真。道が険しく危ない感じがしますね。
しかし、100年以上たっても見た目が変わっていないってすごいねぇ。
日本だったら、かなり変化があると思うわ。

後半は写真でご紹介していきます。


↓この記事、気に入ったら押してね~jumee☆SaturdayNightFeverL
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

ラバルバロ

カルチョーフィ(アーティチョーク)の芽が出てきましたー。ぱちぱち
今年はほかに、リュバーブ(ルバーブ)と、イタリアントマトも植えたので、
この2つも芽が出てきたらもう完璧。

うちは庭といえるような庭がないので、うちが半分、そして残り半分の種を
いつも仲良し、お隣のおばあちゃまに頼んで、
彼女のむすめさん(60代)のところの畑で育ててもらうことに。

はい、他力本願ですjumee☆shy1

こうやってうちで半分、娘さんところで半分だったらどっちかがうまくいくだろうということで。
でね、ワタクシてっきりその娘さんが育ててくれてると思っていたら、
彼女のだんなさんが畑をやっているんですって。

娘さんも、だんなに「まかせたー」と他力本願だった、がははjumee☆loud laugh1
うまく育ってきたら、写真載せよーっと。


ところで、先日、パエリアとパルミッジャーノ・レッジャーノのスナックを食べました。
えっと、残念ながら両方ともワタクシが作っただす。

パエリアは気づいたらもう取り分けて、食べはじめちゃってました
たはっ、色気より食い気・・・。
そんなことで、食い散らかし状態をとるわけにもいかず・・・・・。写真なしっと。
チーズスティック
 チーズのスナックは、
 デブまっしぐらの高カロリーなんだけど、
 おいしいんだなー、これがハート

 しかもね、簡単なの。
 ほんのちょっぴりの塩に小麦粉、
 それにパルミッジャーノをいれ、次に
 バターを入れて、ぱらぱらになるまで
 粉とバターをもむように混ぜます。
そこに卵黄を入れて、まとめたら伸ばして卵白をぬって
パルミッジャーノを全体にふって、後はねじって200度で8-9分焼くだけ。
これはね、子供でもできるし、簡単よー。
今回はちょっと生地が硬めになっちゃってるから、見た目がいまいちだけど、ま、いいや。

サックサクのチーズスナックがワインにあうんだなぁ。
しかし、がっくりうちの家族には不評なのだ~。
誰もチーズを塊で食べられないから、このパルミッジャーノの香り満載のスナックは
「それ、いらん」となる。
いいもーん、いいんだもーんjumee☆DaNcE2ワタクシ独り占めでたべるもーん。



いつもクリックありがとううれしいです!
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

ちびった、ビビッタ(ローマ近郊の旅)

どーも、どーも。ちょっと日数が飛んでしまいました。
昨日一日、外にでて、歩き回ったら、5キロ太った体重が、2キロやせましたー
きゃーんkao03お酒も飲んで、料理もいっぱい食べたのに

・・・・・・え?こんなのでやせちゃうって、普段、 極度の運動不足?

はい。
あとね、便秘?
にしても、2キロってないわなぁjumee☆loud laugh1
苦労して体重落とそうとしてる方からしたら、むかつくことでしょう。でもね、大丈夫。
相撲取りがすぐに体重をおとせるのと同じです。
体重自体は減っても、体の引き締まりはまったくかわらず、ぶるぶるだから。
だってさー、体重なんて人に言わなきゃわかんないじゃない?
ワタクシ、ジェニファー・ロペス(39)のような筋肉のついた引き締まった体になりたいっす。



さて、さて。
ローマ滞在中にヴェネチア・オーストリアに行ったほかに、行きたかった4箇所。
1つは以前書いたヴィッラデステ(ローマの観光名所をご覧ください)。

残りの3ヶ所のうち2つは、今回ご紹介する
オルビエート(Orvieto)とチヴィタ・ディ・バーニョレッジョ(Civita di Bagnoregio)です。
朝9時過ぎにローマを出て、夜9時過ぎに戻るというコースなら2都市を一日で楽しめます。

車じゃないといけないとか(電車やバスをかなり待つなど)聞いていましたが、
交通機関で行っても待ち時間がほとんどなく、十分楽しめますよ。

チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ

もし、スケジュールに余裕があれば、一泊オルヴィエートにとまるというのが良いと思います。
(ディナーをオルヴィエートでという場合とかね)
オルビエートの夜がね、楽しそうだったんですよ。
人がたくさん出てきて、あーこれから盛り上がりそうだなぁって。
夏だったからかもしれませんけど。
でも、ローマに帰らなくっちゃいけなかったので、後ろ髪を引かれる思いで後にしました。

観光名所についてはちょこちょこ目にしますので、その辺は極力少なくしまして
おいしいパンやオリーブオイル、ワイン、ジェラートなどの店(また、たべものばっかりだ・・・)
や交通機関、ハガキや小物のお店、
アグリトゥリズモをやっている人に、見せてもらったりしたものなどを書こうかなと思っています。


ずっと休みでもいい・・・
↓同じ気分の方ぽちーっ
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

今だから言えること

あ~、ちかれた。ここんとこ、忙しいのよねぇ、仕事。
ランチタイム以外朝から晩まで、まったく会話せず仕事をしてまっす。
イタリア人には無理な業です、えぇ。

やっと、明日からお休みです。明日は本当に休みます。爆睡ですな。
きっと起きたら昼だろう・・・。
もう、一般の方はゴールデンウィークに入ってるんでしょうか?

ところで、ワタクシ、やっちまいました。太っちゃいましたーがーん
なんと5キロがーん

しゃ、シャレになんねー。30代のあなたなら、わかってくださるでしょう、
20代の5キロはすぐに落とせるけど、30代の5キロは落ちね~んだっ。

今の職場に来てまだ半年なんですけど、前職は日本国中、海外も飛び回っていたのに、
今じゃ室内に監禁勤務。動く度合いが雲泥の差。
ショーック
 あとね、ストレス太り。たぶん。
 ワタクシ、仕事だけじゃなくて

 私生活がうまくいってなかったり
 すると太る人なの。。。。。
 仕事や生活がうまくいってるとね
 痩せるんですよ~

 正確には、
 「デブになった分の肉が落ちる」
 なんですけどね。

 職場のみなさんは、みな親切で、
 プライベートで遊ぶくらい仲良しなんだけど、
 いかんせん、仕事内容が
 ワタクシに向いてねーでげす。
 やれるけどさ、面白くないのよ。
 
 予感がしたので、太らないようにと、
 帰りは30分かけて
 歩いて帰ったりしてたのに。。。。。

あとは、ほら、今後のことを色々考えてたら悶々と・・・
そしたら、なんと白髪が・・・。根元が白くて残りは黒いの。グラデーション白髪でござる。
老けたからか、色々考えてるからか???
むかーし、10円ハゲならぬ、10円白髪とでもいいますか、
まとめてドバッと一箇所にだけ白髪が(その時は一本まるっと白髪)できた前科もちなんです。


さて、ローマ日本人学校に連れて行ってくれた日本人のI子ちゃん。
ある日、何かの用事で事務所に行ったら彼女も来ていて、
受付のお姉さんに「彼女(I子)が何を言ってるか教えてくれない?」っていわれたのが出会いでした。
彼女はイタリア語習い始めたばかりだったし英語も苦手だったみたい。

彼女はまだ20才になったばかりで(若いっ!)、
若者だけが持つ”怖いもの知らず”と”強がり”なかわいい子でした。
おばちゃんは、一大決心、かなりの気合で、やってきたイタリア2ヶ月なのに、
そんな気持ちは微塵もない20歳のお嬢ちゃま。
1年間もいるからか、高い授業料も気にせず、平気で何日も休んだりしてました。

学校でたまに見かける以外、
ほとんど一緒に行動したことはなかったけど、一度ワタクシのアパートに来たことがあります。

夕飯を作って、彼女の将来の夢をきいたりして、おしゃべりしてたら
思いのほか遅くなっちゃったのね。
ワタクシと違ってまだ若いし、襲われたらいけないので、バス停まで送ることにしました。
一緒に住んでいたチェコ人の子はあいにくまだ帰ってきてなかったけど仕方ない。

外は真っ暗、ひとけなし。そしたら、道に迷ったー!!

バス停がないよー!あったけど、探している番号のバスが通ってないよー!!



明日からコアリズムでもやるかー?????
↓ぱひっ
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。