Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


下町と映画

トラステヴェレ

ワタクシ、ヨーロッパの(ハワイもそうだったけど)オレンジ色のライトが大好き。
部屋の中だと「文字読みづら~い」って思いますが、
外のライトは断然これがすきです。

ここは私の好きな地区、トラステヴェレTrastevere。
「テヴェレ川の向こう」という意味の名前のようにテヴェレ川の上で取ってみました。
街灯のライト部分が若干傾いているけどピサよりまっすぐだから多分大丈夫でしょう(笑)

最初ね、いい感じに撮れたわと思ったら、光が爆弾みたいになっちゃってて!
トラステヴェレ2

  みる?ほれ

  ね、爆弾写真。

  やっぱり普通のデジカメ(しかも10年選手)
  じゃだめなのね。おほほ。

  ここは、夜、人がわんさか集まってきます。
  おいしいピッツェリアピザやレストラン
  パスティッチェリアチョコケーキ(お菓子屋さん)があったり。
  ローマの下町といったところです。

  ナポリやベネツィアでみるように、
  向かいの建物へロープが張ってあって、
  そこに洗濯物をほしてたり。
散歩するだけでも、とっても味のある地域です。昔、ユダヤ人がたくさん住んでいたので、
第二次世界大戦のときに、2000人くらいの方が強制収容所に送られたという悲しい歴史もあります。

ローマでいつも一緒だった、ブルガリア人のダニは、この地域に住んでたの。
ワタクシはそこからトラム(市電)で、10分くらい先のところだったんで、
はよくこのあたりですごしました。

友達の知り合いのローマ人にも連れて行ってもらったのですが、
夜中の2時くらいになっても、週末は広場には人がいっぱいでびっくりしました。
眠くないのかローマ人。ワタクシは、眠かったぞ。

ローマ人いわく、このあたりは芸術家がたくさん住んでいるそうです。
ちょうど川沿いにトゥリルッサ広場(Piazza Trilussa)というところがあるんですが、
夜になると自分の作品を売る若い人たちの露天が出ています。
それに沿って奥に入っていくとバーやお店が見えてきます。


いつも↓ぽっちんアリガト!
ランキング
スポンサーサイト


...つづきも読んでね♪
関連記事

どうもありがとねー

ありがとうございました!えるも








って、ブログやめるワケじゃないですよ~

報告遅れました。これ見て!
コートAfter

覚えてますか?このコート。
コートBefore

  ←そう、元はこれ(以前の写真)
  昨秋、買ったばかりの革コート。
  ワタクシの初めての革コート。

  何もしないのに、破れたっショック

  詳しいところは→「早すぎる別れ」を
  読んでいただけると
  ありがたいです。



ぱっひんマウス(左クリック)してから後半へGOダッシュ
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

しあわせは

前回はムカつき話だったので、書くのどうしようかと思ったのですが、

う、うれしぃjumee☆faceA69めっちゃ、うれしかったですjumee☆faceA76

笑えない話なのに、コメントくださったり、
読んでくださった方も、クリックしてくださった方もいつもよりたくさん。
どうも、ありがと~。

ああいう時ってすごく頭にくるんだけど、その後、どぉおんって凹むんだよねぇ。

外国人と混じって働いているとはいえ、大部分が中年以上の日本人男性ですし、
まさに「日本社会」でして。
一番売り上げの低い地域を与えられ、売り上げが伸びると担当を変えられたりもしました。
しかし、簡単にやめるわけにはいかなかったのだ。
もちろんやりがいもあって面白かったけど、ワタクシね、生きるために仕事してたのです。
うちはもう父がいないので、稼ぎ頭がワタクシなのです(姉がいますが事務系なので)。

おじちゃんたちは、女性をなかなか使わないのよ。男女の候補がいると男性をとるんだよね。
同じ投資をしても長く勤める可能性の高い男性にって言うのもわからんでもない。
女性の中には「腰掛でいいの」と公言している人もいるからね。
それはそれで、その人の選択だから良いと思うんだ。
正直、腰掛といわれる人たちのことを内心いいなぁって思ったりする部分も。

こういうのって、ちょうど40代家族持ちのお父さんの気持ちとでもいいましょうか。。。
会社をやめたかったり、くっそーっ!て思っても自分一人じゃないし、
生活かかってるから、こらえるっていうかね。

でもね、やはり候補は、性別で選ぶんじゃなくて、一個人として判断してくれよと切に思う。
だいたい、男のどこが偉いねん。女性からしか生まれてこれないくせに。
外国人をいつまでたってもお客さん扱いなのは、こういう「違いを認められない」ことに起因していると思う。

                

過去にね、生活が大きく変わるチャンスがありまして、さぁってときに、そのチェンジはなくなり、
前から治療していた病気に倒れ、この2年、さえない日々でした。
やりたいことと、やれることのバランスが悪くって、悶々とした日々が続いてました。
その間に勉強していくつか資格とったから、友達は「そんなに悪くないじゃない?」って言ってくれたけど、
本当はね、仕方なくなのだ。何かやらなくちゃと思って。
多分一人暮らしだったら、ダラダラしてたかもね。
でも、元気なふりを、忙しいふりをしていないといけないからね。家族に知られないために。。。。


「しあわせは、じぶんできめる」


という相田みつおさんの言葉のとおり、自分の人生は自分で決める。
他人からみたら、前より悪い状況になったように見えても、幸せであると自分が思えるならそれでいい。
人生の主人公はワタクシで、You Never Know What You Can Do Till You Try.


ワタクシ、決めました。











しばらく、イタリア行ってきます。



つづきは↓マウス(左クリック)としてからね
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

日本が遅れていると思うとき

お久しぶりにワタクシの日常話。

毎朝、幼稚園の前を通って出勤するのですが、いつも会う親子がいるんです。
息子ちゃんが幼稚園で妹が1歳くらいかなぁって感じ、で、あとはお母さん
この息子ちゃんがね、いつも笑顔なの。
子供なりに、気分がのらない日もあると思うんですけど、いつも笑顔なんです。

幼稚園がすきという理由なのかもしれないけど、いずれにしてもすばらしい

これはきっと仲の良い家族なんだろうなぁって思って。
おかあさんが、たっぷり愛情をあげているとか。妹にも優しいのよ、この息子ちゃん。
朝、この家族に会うと心が穏やかになります。


しかも、今朝はもう一つほんわかぽっなりました。
というのもね、私の前に小学校3,4年くらいの女の子と、
その妹と思われる幼稚園か1年生かという年の子が並んで歩いていたの。

ワタクシ一歩が大きいんで、だんだん近づいていっちゃったのね。そうしたら、
お姉ちゃんのほうがワタクシに気づいて、妹が歩くのをとめさせて、さっと道をあけてくれたんです。
おっちゃん・おばちゃんで道をふさいで知らん顔してる人がいたり、
子連れだからと思っているのかわからないけど、
ベビーカーを並べて友達と歩くお母さんなどがいたりと
大人でも周りに気遣いのない人がいるのに。

この子は立派な子やわ~


大人からは子供だからと半人前扱いされることもあるだろうけど、
彼女は、一人の人間として大切なことを知っていると思います。
こうやって道を譲ってくれたので、「どうもありがとう」っていって通りました。

そしたらね、にこって微笑んでくれたの。

とってもいい笑顔でした。え、ええ子や~
あかん、もうおばちゃん、やられました。撃沈です。




次は、違う意味での撃沈話。ちょっと長い・・・ゴメンネ
続きは↓ぱひっとしてからねニコッ♪
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

お返事は?

サンテウスタキオ教会

これは、先日ご紹介したバール、サンテウスタキオ(→「みんな飲んどくれ~」)の
斜め向かいにある同じ名前の教会です。
てっぺんのトナカイさんが目印です。


さて、ワタクシ、初めて行った国はカナダ。
二回目に行った外国はイタリア・フランス・スペインの貧乏旅行でした。
(本当に貧しかった。しみじみ・・・)

その後は、北米をメインに、時々アジアに行くことが多かったんですね。
それから、欧州へ、出張やプライベートで行くようになりました。

欧州に通い始めたころ、「あ・・・日本と違う~&これ良いなぁ」って思ったこと。

台所にAさんがいるとして、リビングにいるB子を呼ぶとします。
日本では、

Aさん : 「B子~」
B子  : 「は~い!」

と返事をする。


でも、イタリアでは、



「携帯電話で呼ぶ」とおもった方、ざんね~んあ
ぱひ~ん↓とクリックしてから後半へ
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

日本へのお土産

ローマの食ってワケじゃないけど、これといえばやっぱり南イタリア。
ローマの南端から下が南と聞くからさ花
(じゃあ、ローマは南じゃないじゃんか・・・あほや、ワタクシ)
イランも有名だけど、イタリアの中では、シチリア島。
そう、ワタクシの大好物。

ピスタッキオ(伊)ピスタチオ(日)ピスタ`チオ(英) 

英語はタの部分をアとエを同時に出すように「ピステャ~チオ」と発音をしてください。
くどいねjumee☆sweat2Rb、すんません。

ワタクシ、ピスタッキオというと、ジェラートが一番すきは-となんだけど、
日本でほとんどみつけれられないのが残念っ!!
前に一軒あったんだけど、そのジェラート屋さん、つぶれちゃいました・・・・大泣き

だからというわけでもないですが、今回はチョコレートで参ります。
チョコもね、ワタクシ大好きでして。
なんてったって、ワタクシ、いつか チョコホテル に行こうと思ってるくらいですから

詳しくは、左のワタクシが手でタグ打ちしました、サイトをご覧ください。
(でもソースは見ないでねぇ。初めて作ったサイトなもんで・・・はずかすぃっ )


さて、元に戻りまして、愛しのピスタッキオさま。

イタリアに行くと必ず購入するピスタチオ・チョコレート
今回はそんな、ピスタチオ・バカのワタクシのために、海外在住の友人、
ワタクシの心の姉Pさん(→「達成!」)が、送ってくれました。



国が変わるとチョコの味も違うんやで~
ぱひ~ん↓マウス(左クリック)
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

やるじゃん!(ローマで見つけた日本 その4)

「ローマで見つけた日本」シリーズ化してきちゃいました
やっぱり異国に行くとですね、日本のことが目にとまるんですよ。
海外に出ると日本のことが、良くも悪くも見えてきます。
そして自分が日本について、どういうことを知っていて、何を知らないかってのもよくわかります。

パーパ(→「ヴァチカンならではの観光名所」)がうつっているTV・・・・でかっ!
サン・ピエトロ広場
周りにいる人と比べてみて。

大きいねー。いったい何インチなんでしょう。

ローマで毎日、朝から晩まで一緒に行動していることが多かった、ブルガリア人のダニ。
彼女は、見た目は派手で飛んでるねーちゃんjumee☆SaturdayNightFeverLって感じだったんだけど、
実は敬虔なカトリック。

母国でよく教会に行っていたそうで、ローマで一緒に観光してても、
教会には喜んでついてきた。
(ほかのところはブーイングするときもあったけど笑う

そして、「Del~、小銭ちょうだい」って言うこともちょこちょこあったが、
よく教会でろうそくをともしてお祈りしていた。(小銭を入れるとろうそくがつく仕組み)
教会内でパシャパシャ写真を撮りそうなのに、
これまた、よくつるんでいたポーランド人のカロリーナのほうがよく写真を撮っていた。

ダニのおじいちゃんが信仰が厚くてね。なので、彼女のパパもそうなったんだって。
だから、ダニも小さいときから教会へ行っていたんだって。


いつも押してくれてアリガト!うれしいです
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

ヴァチカンならではの観光名所

夕暮れ時のシスターたち

これは、去年の初秋、ローマにいたときの一枚。
ヴァチカン訪問を終えたシスターたちが、家路(ホテル?)に向かう様子です。

ヴァチカンにはシスターたちも、旅行者と同じくいろいろなところから、お祈りに来ています。
彼女たちも、ほかの観光客と同じように、「ヴァチカン、来たね~」なんて話しているのかしら。

さて、お彼岸ですねぇ。
友達が先週末、おじいちゃんの一周忌、その翌日は墓参りに行ったって言ってました。
そうだよね、こういうときこそお墓参り行っておかなかくっちゃね。
ワタクシは、墓参りにいけそうにないので、おうちでお祈りしておこうと思います。

さて、彼岸や墓参りっていうと、お坊さん。
ワタクシの母の実家の街では、坊主のことを「おっさん」と呼びます。
オヤジのおっさんではなく、”お”にアクセントのある”っさん”です。
おぼうさんの”おっさん”って、そこまで省略せんでも・・・・。

そういえば、お坊さんの着ている袈裟って、どこで作ってるんでしょうね。
袈裟屋ってあるのかな。。。 宗派によって色などちがうのかしら?


ローマにもありましたよ。



後半の前に↓ぱひ~んマウス(左クリック)
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

みんな、飲んどくれ~

10年以上前、スペインに行った時、
ホテルの近くのPASTICCERIA(パスティッチェリア お菓子屋さん)のおじさんが白衣を着ていて、

医者??って思った。

プロっぽくて、職人っぽくてステキと思う。


ローマにある、このバールの人たちも白衣はきてないが、見るからに職人。
お客さんに、にこりとするより、俺たちの作品をのんでみろっといった感じ。

ロマーノの友人に連れて行ってもらった。


もちろん、泡もたべたよーん。泡といってもカップッチーノではありません。


泡立っているのは、普通のカフェ(エスプレッソ)なのです。
しかもカップッチーノのようなフワフワじゃなくって、更にきめ細かな強い泡なの。
すっごくしっかりした泡の下に、パンチのある、でも深い香りのするカフェ。

あ~、飲みた~い´д`トホホ


ここは、ローマで近年の2大有名バールのひとつ、


あとで、お店のサイトみてね。ワタクシはトップページの写真が好きえるも
↓後半へいくまえに、ぱひっ
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

奥さん、朗報です!

初めて目覚めたのは、私の初海外、カナダカナダ
日本に帰ってきてから、限界まで、洗いませんでした。

・・・・・シャツを。

なぜなら、においが取れちゃうから。
そう、ワタクシ、海外の洗濯洗剤にラブは-となの。
もっとちがうものに、ラブになれって?
「そうね~、○○国のなんちゃらっていうジュエリーはいいわよグー!
な~んて言えたらいいんですが、ワタクシ庶民ですから、洗濯洗剤ざんす。


日本と比べてにおいがきついといってしまえばそれまでなんだけど、
香水でなく軽いボディスプレーをかけているようにいいにおい。
自分の周りからいい香りがするって、楽しいし花、いい気分。

イタリアもカナダと同じく、洗濯洗剤、いい香りでした~。

これ、イタリアにもありましたよ。
ソフラン
  でも、ちがったのは、大きさ。

  柔軟剤
  厚みが7cm強って、

  どんだけデカイね~ん

厚みだけじゃないんだよ。ほれ。コンパクト・ディスク1.5倍の横幅、2倍強の高さ。

ソフラン・イタリア
おっきいなぁ~。
名前は同じだけど、洗濯した後、やっぱり日本よりもにおいが残ってました。

イタリアで、日本にもこれがあったら便利だなと思うものみつけちゃいました。


洗濯嫌いさんや、一人暮らしの人に良いよ
ぱひっ↓としてから後半へ
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪
関連記事

アメリカ人の同僚 In Japan

ワタクシね、今までずっと日本にいたけど、違う国籍の人が会社におりまして。
アメリカ・フランス・ガボン・イタリア・中国など・・・

周りにはそれをいいな~って言ってくれる人もいるけどね、
社内のポジションや仕事内容によるかもしれないけど、
文化・価値観のバックグラウンドの違う人たちと 一緒に働いていると
「???」とか「なにぉぉぉぉ!」 ってことも時々あって結構大変なのです。

彼らと顧客の間に入ってフォローすることもあるしね。
まっ、お互い様だろうけど。
どこで誰と働いても色々あるしね。嫌なことは忘れ(るようにし)ました。

それでもやっぱり色々得るものがあって、一緒に働けてラッキーだったと思う。

会社が色んな国と取引していたおかげで、仕事でいくつかの国の人にも会えたし。
留学はしたことないけど、なんちゃって海外旅行って感じ?


そんな、ある日。

私は疲れていた。 め~っちゃ、疲れてた。

そしたら、


PC使いながら、ウトウトしてた~
ひ~


本当はウトウトなんてかわいいのじゃなくて、
頭がグルングルン揺れながら、キーボードをうとうとしていた。

それを見たアメリカ人同僚(当時)がね、



↓ぽちっとしてから後半へ。彼の意外なリアクションに驚きました
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

マルコ、お前もか・・・(ローマで見つけた日本 その3)

Melissa_Vieri

きゃー、セクチーF☆Cultivation・キスマークな写真。いかにもイタリア男のやりそうな・・・。

この人、サッカー選手。ボボ・ビエリ35歳。
となりのお姉ちゃんは、メリッサ・サッタ。はい、元恋人同士です。
このおねえちゃんは、なんと22歳。見えね~ショック
イタリアの有名番組Striscia La Notiziaの踊るお姉さんをしていた人です。

イタリア人って写真取られるの大好きは-とだし、
よく恋人同士でこういう写真(ほれ、梅宮アンナみたいなやつね)とっちゃうけど、
別れた後、微妙~って思わないのかねぇ。フ・シ・ギ。

ところで、ボボって、有名?私、サッカーのこと知らないので、彼のことも知らないんだけどさー
(彼のファンの人ごめんねー)

最優秀賞  ちょっと検索しただけなんだけど、

  こんな王冠かぶってるの発見。
  どうも、イタリア年間最優秀選手賞というのを
  もらったときのかな?
  しかも2回ももらってるの。すごいね。

  え?
 彼はもしやすごい選手?


なんかね、インテルにいた頃、客を挑発しすぎて、自分が経営する店を爆破されたとか、
ニックネームが重戦車だとか、ガットゥーゾっぽいねぇ。
でも、おかんがフランス人だけあって、ガットゥーゾとは雰囲気がちょっと違うね。

これってベルガモのアタランタのユニフォームだよね?あ、ちがうや、これ、インテルだ。
毎回思うけど、アタランタって、
アトランタ(USA)がなまったようで、田舎くささをイメージさせるのよねぇ。
ベルガモ行ったことないのに、こんなこといってすいませ~ん。
トッティ?
  あれ?
  これってトッティのポーズじゃ・・・

  あ・・・
  指が違った・・・

  およよ。
さて、最初のセクチーポーズの写真をもう一度見てね。

いくよ~


ぱひーん↓マウス(左クリック)としてから後半へGO!
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

ミツバチ印の宮殿

頭重い像
こんなおじさんたちがいっぱいいる入り口。左側に見える、下り坂。

先日の→「ローマで静かな場所」の続きです。ローマの街中だけど静かな場所。
軽いお散歩ができるお庭つきです。しかも夏の観光シーズンでも人が少ない。

国立古典絵画館
前回の古びた様相とはうって変わって、ほら、表はこ~んなに立派できれい。


これで、もうわかっちゃったかな?ここはガイドブックによく載っているから。

ここは・・・・・



いつもクリック↓アリガトウ!
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

一緒にお風呂

週末、イケメン男子に一緒に風呂に入ろうと誘われたワタクシです。

ワタクシ、ずいぶん気に入られたものです。ワタクシに夫はおりませぬ。息子もおりませぬ。

お誘いくださったのは、










友人の










息子ちゃんです!


エロジジイじゃなくて良かったです。はい。


週末、前の会社の同僚(友人)の家で、リラックスしてまいりました。
彼女には、2歳ちょっとの息子ちゃんがいるのですが、イタリア人もびっくりの
女の人、大好き♪なのです。

もちろん、行くといつも一緒に遊ぶからワタクシのことも大好き。
友人のダンナちゃんが、ワタクシのことをDelちゃんとよぶので、同じようにワタクシを呼ぶ息子ちゃん。

一日ワタクシにまとわりついて、遊んでいた息子ちゃん。
友人のダンナちゃんが作ってくれた夕食をみんなで食べ、
ワタクシのひざの上でにっこり笑っておっしゃいました。

「デ~ルちゃん、おふろ(いっしょに入ろう)♪」

あやうく、顔につられて入るところでした。あぶね~、ワタクシ。
むすこちゃん、翌朝、「Delちゃんは?ママ、Delちゃんは?」
「これ(お土産の自家製パン)Delちゃんつくった?」ってしつこくリピートしてたって
かわええのぉ~。


ところで。


話は変わりますが、


話が変わる前に↓ぱひマウス(左クリック)
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。