Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ローマで静かな場所

これは・・・





パンチ像

はい、今日はローマに戻りま~す。
あ、話題ね。
ワタクシがローマにもどれるんだったら、なおヨロシなんですが。
書きたい話題や、見ていただきたい写真がまだまだあります。
だって、ほら、これ→「撮った写真は・・・」だから。まだ、半分どころか1/10にも満たないです。

ローマで散歩

ここは、観光名所が近くにたくさんある場所なんですが、
ローマの街中の喧騒から一瞬で離れられる、穴場です。ちょっとしたお散歩ができますよ。
最初の写真のパンチのお姉さんも見れるし、
そのそばには、葡萄で着飾ったブドウ兄さんもいます。

なんといっても、Villa Gulia(ユリウス三世の館)のようにお金は必要ありません。
ヴィラ・ジュリア・エトルスコ博物館はお金が要るけど、お庭を見るのは無料だと思って、
いつもの仲良しブルガラ(ブルガリア人)のダニちゃんとテクテク歩いていった。

思ったより遠かった。。。
で、入ろうとしたら、庭も有料だった・・・。

ワタクシたちは・・・・・入館せず。おほほ。

実をいうと、
お庭にカフェがあるらしいときいて、ステキなお庭でお茶したかっただけだったのさ。
古代ローマの基盤となったエトルリア人のことは、そんなに興味がなかったの。


後半も写真で紹介するよ~
↓ぱひマウス(左クリック)
ランキング
スポンサーサイト


...つづきも読んでね♪
関連記事

パン、パン、フランスパン

フランスパン
  今日は、食べるの大好き、
  でもつくるのは、非常に面倒くさい
  フランスパンで~す。


  もちろん、これ、
  今日作ったのじゃないです。


  さすがに平日はむりざんす。


  これね、
  粉によって出来が違うのよねぇ。
  香りも、膨らみ方も。

  以前、リスドールという粉で
  作ったら、
  香りも膨らみも香ばしさもいまいち。

フランスパン4


  やっぱり今回みたいに、
  ちょっとお値段高めの粉で
  作ったほうがいいわねぇ。

  オーブンで焼くときに
  下の段に石を敷き詰め、暖めて、
  その上に80cc程度のお湯を
  バシャッとかけ
  1分位湯気が充満したところに、
  パンの生地をいれます。

  これがね、焼きあがって、
  オーブンから出すと、

  すぐに、ミシッ、パリッって
  パチパチ音がしだすのです。
  これ、表面のひび割れの音です。
 
  この音の具合で、
  今日はうまく焼けたなぁ
  ってわかるんですよ。



今日はイタリアじゃなくてフランスだけど、後半もよってってね音符
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

あも、なも、あほ?

今日、職場で、常務と話していたら、いわれました。

「僕も関西人だけど、Delfinoさんも、すごいなまってるねぇ。明石家さんまみたいだね」

なぬっ?! 明石家さんまですか!?

それってほめ言葉じゃないですよね??しかも、性別違ってますやん
うるさいってことかい?
それとも彼くらい、きっつい訛りだってことですかい?
それとも常務は神戸出身だからそれとは違う関西弁って言いたかっただけ(祈)?

どうか、訛りがきついほうでありますように・・・・。
(いや、多分違うほうだろうと思うけど)
ま、いっけどさー。

ワタクシ、普段ブログで「です」「ます」なんて書いてますが、
しゃべるとめっちゃ、なまってるんです。

えぇ、関西弁。しょうがないよね、親が関西人だから。
しかも山と空山の関西弁じゃなくて、海系なので、言葉が荒いんです。

関西育ちじゃないくせに、料理は完璧関西系。住んでる土地の食べ物もそんなに好きじゃない。
粉もん大好きだし、たこ焼き機も、もちろん家にあるよ~ん。
返し(たこ焼きをくるっとひっくり返すこと)も子供のころからやってます。
だって、小学生のとき、毎週土曜日はたこ焼きたこやきの日だったんだもーん。
ここの土地の人に言わすとたこ焼きはオヤツなんだって。ご飯じゃないんだって。
おやつ兼ご飯だも~ん。

ガサツといわれても関西大好き。
そのせいかミラノより、はるかにガサツといわれる(だってジャージで外に出てる人いるもんね)
ローマに違和感なくなじみました。

ローマ弁って、アメリカ南部とか、関西みたいに、


...つづきも読んでね♪
関連記事

早すぎる別れ

オリーブオイル
  今日買い物に行ってみつけた。
  2リットルの・・・


  オリーブオイル


  うぉぉぉおおお!
  やるじゃん。
  
  日本の普通のスーパーで、
  この大きさのビンをみたのは、
  ワタクシはじめてざんす。

  値段も、うぉぉぉおおお!1,380円なり。

  ここ、安いスーパーなんです。
  それで、この値段。


さて、念願の革コート まだイタリアにいたときは、温度が高くって着れなかった。
当たり前だけどね、そのとき9月だったから。
日本に帰って、冬を楽しみに待ってたの~。
夏大好き、冬嫌いなワタクシ、いつもだったら、ありえない。人間って現金(※)なものですね。
※利害関係によって態度や意見を変えること

でね、寒くなってから、着ましたよ~毎日、毎日。
ある日、高校時代の同級生、家も近所のたけちゃんと、久しぶりにランチを一緒にすることに。

もちろんコートを着て行ったスキップ
きゃいきゃいおしゃべりしながら、ふと、コートを見たら・・・・



...つづきも読んでね♪
関連記事

達成!

北イタリアは、オーストリアとの国境の街、Tarvisio Boscoverde(タルヴィジオ ボスコヴェルデ)
ドイツ語(オーストリア)では、Tarvis(タルヴィス)と呼ばれています。

町の中央にはこんなメルヘンチックな広場と教会が。ひとけはないけどっ!
Tarvis
昨日の記事にも書いた、いつか買おうと思っていたもの。
それは、 革コート 
これがほしくってねぇ。
韓国でもあったんだけど、個人的に最初は気合を入れてイタリアで購入したかった。


...つづきも読んでね♪
関連記事

知られていない街

jumee☆DaNcE1 あ~、カルチョーフィ食べた~い jumee☆DaNcE2

先週末から、私生活がバタバタしてまして、しかも今週残業続きで・・・つ、つかれた がっくり
ワタクシ、疲労がたまったり、ストレスがたまったりすると、食べます
やけ食いってわけじゃないんだけど、いつもより満腹中枢がゆるくなります。
本当に、よれよれの状態ですと食べられませんけど、そこそこの疲労とストレスの時は、
あほのように食べたくなります。
体と心が弱ってくると、自然と体が生きる方向に向かっていくのでしょう。
で、カルチョーフィ。あ~食べたい。英語で言うアーティチョークっていうあざみの蕾でございます。


さて、北イタリア・オーストリアオーストリアへの旅行中、小さくてかわいらしい街に行ってきました。
友達がね、連れて行ってくれたの。
ここへは、まず日本人はいかないでしょう。だって観光名所がないんだもーん。
あ、スキーなどのウィンタースポーツをする方はいいかもしれないです。
ワタクシは、ウィンタースポーツを一切しませんから、冬は用はないのよねぇ。

この街の名前は Tarvisio Boscoverde(タルヴィジオ ボスコヴェルデ)

名前を聞いても、「どこや?」でしょ。ここ↓ざんす。
tarvisioの地図

イタリアのヴェネツィアから行くと、電車で2時間半くらい。
ちなみに駅でいうと、
Mestre-Pordenone-Udine-Tarvisio Boscoverde-Villach Hbfの順でございます。

名前から見てわかるとおり、イタリア側、最後の駅です。
フィラッハ(イタリア人はヴィラっていいますけど・・・)の駅はもうオーストリアです。
地図の右側がクロアチア、上がオーストリアです。

タルヴィジオの意味はわからないけど、Bosco(森)Verde(緑)だから、
訳すと(訳すな?) 緑の森のタルヴィジオ
いや~ん、なんか森の熊さんがいそうなメルヘンチックな感じ~きゃー!

といいたいところだが、ワタクシはこの名前を見て、狩猟、そう、ハンターを想像しました。
はい、常に 戦闘体制 のDelfinoです。
それはさておき、どんな街かといいますと・・・・・



前置きは短くしよう短くしようと思いながら毎回長い・・・でもつき合ってくれてありがと!
↓ぽっちん、してから後半へ
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

ヴィッラ・デステ最終章

gateau_chocolat 今日はサン・バレンティーノ、
 バレンタインデーですね。

 これは、以前も作ったことのあるガトー・ショコラ
 →「店員さん
 ランチタイムに、同僚と一緒に食べました

 今回は、みごとに10人全員女性!
 親愛の愛を確認しました(笑)
 今の職場の中は、30人くらいが、
 世界各地からの外国人なんです。

彼らは研究職で、ワタクシの仕事とは接点がないんですが、ランチはよく一緒に食べます。
今回、仲良しのタイ人の友達3人の名前をのせたら、
大層喜んでくれて(写真撮ってたわ)、ワタクシも、とてもうれしかったです。

彼女たちは非常に勤勉で、毎日遅くまで仕事をしています。しかも異国での生活。
外国でストレスに負けず、いい結果を出してほしいなという気持ちも込めて。

             

さて、今日こそは、ヴィッラ・デステを一区切りつけなくっちゃ。

世界遺産に行って来た(ヴィッラ・デステ1)
イタリアの世界遺産(ヴィッラ・デステ2)

はい、今日は、ローマからヴィッラ・デステへの行き方と、噴水番外編です。

まずは、行き方から。
・ローマの地下鉄B線Rebibbia行きの終点1つ手前のPonte・Mammolo(ポンテマンモーロ)下車
・COTRAL社のプルマン(大型バス)の切符を購入して、Tivoli行きに乗ります

駅の1階に窓口があって、そこでも買えるんですが(ティボリ行きって紙も張ってあるし)、
たいてい込んでいるので、いったん外に出て道の向かいのタバッキで購入するほうが早いです。
まぁ、窓口が込んでいるのは、単に購入までの会話が長いって理由なんですが。
英語やフランス語、我々のようにいずれも話さない観光客と外国語が不得意なイタリア人。
どこから乗るだの何時だのって聞いているとすっごい時間がかかるんですよねぇ。
チケット

で、購入するのは、左上の切符、6ユーロ。
切符をくださいというと、ゾーンを聞かれると思います。
ゾーンは3ですが、最初に、ヴィッラ・デステに行きたいといえばこれを出してくれます。
右下のは、ヴィッラ・デステのチケット、9ユーロ(08年8月)。

Tivoli行きの終点まで行くとデステまで徒歩で戻ってこなければいけないとネットで見たので、
私は、最初に、運転手さんに、
ヴッラ・デステに行きたいので着いたらおしえてと言って乗りました。
たいてい運転手さんは親切ですし、快く教えてくれます。
ヴィッラ・デステ看板

降りると、こんな看板が出ているし、みやげ物屋やちょっとした軽食屋があるので、
ここからは道に迷うことはないと思います。


いつもクリックありがとう!うれしいですjumee☆faceA69
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

なかま発見~☆

昨日、予約投稿にしてあったら、2つも予約しておった。昨日の夜中に見て、気づきました。
あほやなぁ、ワタクシ。
慣れんことはしたらあかん。
ま、いっか。時々こうやって2つ載せるのもまた良し。

以前本屋で、この本を見つけて少し立ち読みしたことがある。
「あ~、この人も仕事で痛い目にあったのかなぁ」と親近感で。
ぱらぱらっと読んで気に入ったので、いつか買おうとそのままに。

とある会報誌でこの書評を読んで、やっぱり面白そうと思い、先日、購入しました。

題名がこんなですが、彼は「またイタリアに来たいか?」と問われたら、絶対来るタイプの人だと思う。
私のように、なんだかんだいいながらも、イタリアに親愛の気持ちを持っているように感じるもの。

まだ、途中までしか読んでないけれどjumee☆shy1

購入した本はこちら


この前フリでわかったらスゴイjumee☆yippee3L
ぱひーん↓としてから後半へGO!
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

左脳人間ささ女

書き始めたら、思ったより長くなっちゃったヴィッラ・デステ。

ちょっと飽きてきちゃったので(書いてる本人が言うのもなんですが)、
今日はスキップスキップ、飛ばしま~す。

「うさうさ=右脳左脳診断」ってご存知ですか?
とあることをチェックして、左脳派か、右脳派か判断するというものです。

ワタクシ、左脳人間だそうな。
え?左脳派!?ちょっとびっくり。
だって、学生時代、文系だったんですけど・・・。本当は理系だったのか???
それとも男性とばかり仕事をしてきたので、こうなった?

ちなみに、「夜のうさうさ」(R18指定)もおもしろかったです。

ワタクシの結果は、「女性の中で もっとも男らしい タイプ」

NoooooOOOO!!がーん

この結果が出たとき、「またかよ・・・」って思いました。
なぜなら、ワタクシ、子供の頃からオトコと呼ばれていた。


診断は最後についてるよ☆
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

10周年

今年で、 ユーロ導入10周年

すごいねぇ、早いものです、時の過ぎるのは。
10年を記念して、2エウロ硬貨がでるそうですね。

導入直前、1998年の終わり。もうすぐユーロが始まるというとき(1999年1月1日から導入)に、
日本に里帰りしていた友達のだんなさんがくれた、50CENT。

当時、TVでしか見たことのなかったユーロ。
とても感激して、つい最近までお守りのようにお財布にいれてあった。

紙幣のデザインは各国共通で、番号で製造国がわかるようになっています。
硬貨のほうは、各国独自のデザインです。

硬貨すべてが、同じデザインの国があったり、各コインでデザインを変えている国もあったり。

数年前、イタリア人家族と一緒に年末、お金をかけてトンボラというゲームをしたことがあるのね。
そのとき、何気なくコインを出してたんだけど、
子供たちが、

「わー、スペインのがある。」「こっちはフランスだよ!」

とかいいながらコインを見てるのをみて、知りました。
何カ国のコインがあるかチェックしながら、
「Del、いっぱいあるってことは、すごい負けてんだね」だって。 kao04たはっ!


ユーロが始まったとき、お祭りのように沸き立っていたなぁ。
私ね、この欧州の動き、


後半の前に↓ぱひ~んをよろしくjumee☆DaNcE1
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

イタリアの世界遺産(ヴィッラ・デステ2)

ヴィッラ・デステ全体像
(クリックすると写真が大きくなります)

はいっ、前回に引き続き、ヴィッラ・デステ(Villa d'este)、デステ家の別荘です。

これねー、じつは、全体像じゃないんだなぁ。
プールみたいなのが、後ろにもう2つ続くし、正面に見える建物じゃなくて、
右側に別荘があるんだなぁ。じゃあ、正面の建物は何か? これも、噴水。。。
先の→「世界遺産に行ってきた(ヴィッラ・デステ)」に書いた「オルガンの噴水」です。
ここは、普通のホテルよりはるかに大きな敷地です。

ところで。
ユネスコの世界遺産委員会が、登録を認めた世界遺産 878件 (2008年時点)
うちイタリアは43件。

他国と比べると、圧倒的にイタリアは多い。スペインや中国も近い数字だそうだけど。
イタリアは一度に10件登録されたということもある。
今では、一度に10件も推薦できないみたいですけどね。

そのときの開催地は、 ナポリ

この都市名を聞いただけで、ニヤーってしてしまいます。
あー、ここで開催されたなら、ありそうだなって。はい、偏見です。


数えてみたら、ワタクシ、イタリアの世界遺産はたった6か所しかいってない。。。

ナポリも空港の近くはいった。でも、街のど真ん中は行ってない。
近郊のみ&ポンペイも通り過ぎただけ。

あかんや~ん。行っとけば良かった。

イタリアのガイドブックにのってないような小さい村には行ったが、
世界遺産はほとんど行ってないことに気づいた。。。。

これから旅行に行くときは、世界遺産のあるところにしようかしら。


さぁ、この間の続きいくよ~。今回も写真満載です。


いつも来てくれてありがとうjumee☆faceA4 後半、楽しんでいってくださいね
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

世界遺産に行ってきた(ヴィッラ・デステ1)

ここのところ、ローマの観光名所から遠ざかっていたので、復活です!

ワタクシ、ローマからヴェネツィア・オーストリアにも行ったんですが、
ローマから1時間前後、日帰り旅行ができる近郊の街で、行きたかったところが4つありました。

はい、もちろん全部制覇してきました!

まずは、お一つ。行きかたや地図は、後にして、とりあえず見てちょ。

教会
これでわかった方はかなりスゴイ。ちなみにこの教会の右側に3人写ってますね。
ここがその入り口です。ちなみに、この教会の中は、シンプルでいい感じでした。

噴水

教会の前にはなぜかこんな噴水が。
破壊されたような像もすごいけど、普通、噴水って、境目がないか?
ここは道に水溜りのようになってるの。不思議。


さて、ここは、ローマから東へ30キロ。


わかった方は後半の前に
↓ぱひーんマウス(左クリック)
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

ブヒッブヒッ

この間は、ローマで突き飛ばされたことを書いたんですが(→「くぅ~!くぅ~!外国人としてのワタクシ」)
あれね、普通じゃないですからね。
まぁ、日本じゃありえないけど、イタリアのいろんなところに行きましたが、
ワタクシもはじめてのことでございました。

なので、旅行に行こうという方、そんなに構えなくても大丈夫です。
基本、ローマ人は親切ですから。
ワタクシのブルガリア人の友達は、大阪のようにうるさくて、ちょっと乱暴なローマのことを
「ローマ人は、Maleducati(粗野、無教養)だ!」っていつも文句言ってましたが(笑)

ローマのたそがれ時Via Nazionale 
写真は、ローマの大きな通り、ナツィオナーレ(Via Nazionale)のたそがれ時。
この写真をとった10月から3ヶ月、道路工事もさすがにもう終わっただろう。

日本じゃこういうことないよなぁって思うこと。
バスの切符を買いに行って、
「うちは、歌わなきゃ売らないよっ!」っておばちゃんに言われた。
冗談かと思って適当に返事したら、ただの意地悪だった!
売ってもらえませんでした。
サービス大国、日本だったらありえない。
隣にオヤジもいたのに、助け舟もだしやしない。
でも、いいもーん、ほかで買うから。そんな人の店には二度と行かないもーん。


ローマ人って、正直だ(というか声が大きい)なぁって思うのがね


「ローマ人は声が大きい」に1票の方は
↓ぱひ~ん
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

とぉ~!

欧州在住の方は、この時期、
カーニバル(Carnevale) をイメージすることでしょう。

ワタクシ、ずいぶん昔に、フランスはニースのカーニバルを見ました。
紙ふぶきがすごくって、山車もでて、楽しかったなぁ。

「明日の朝出発が早いからどうする?」なんて友達と相談してたら、
ホテルのおじさんに
「今日はカーニバルに行かなくちゃ!ホテルになんかいちゃだめだよ。さぁっ!」
って言われて、見に行ったんだよなぁ。

見に行ってよかったなぁ。
あぁ、懐かしい。。。


一方、日本では、節分おに・ししです。

ワタクシも豆をまきましたよ~。
悪いものを落として、夢をかなえたいですから
豆をまいて、太巻き恵方巻きを食べる日って感じかしら。

今は、ただ、豆をまいて厄落としとかそんな程度ですが、
しかし、昔は


海外に行くと日本を考える機会がたくさんあるよ
↓ぱひ~ん
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

くぅ~!くぅ~!!外国人としてのワタクシ

週末は知人の山のセカンドハウスに連れて行ってもらい、
ご近所の人も合わせて、10人ほど集まって大宴会でした。

鹿、いのしし、鴨、熊など普段口にしない生き物たちを食べてきました。
ほかに、鮎などの魚が数種類、かぶらなどの野菜。
すべてハンターの彼らが、文字通り取ってきたものだったり、畑で育てたものです。
皆さん、都会とは違う豊かな生活をお持ちでした。

この日は、自家製どぶろくをカクテルのようにアレンジしたもの、ワイン、ビール、バカルディと
ものすご~く久しぶりにいろいろ飲みました。
そしたら、夜中に頭が痛くて起きちゃいましたよ。えぇ、ただの飲みすぎです。

ワタクシの家族はアルコールは飲めない体質で、ワタクシも強くないです。
営業のころは接待もありましたし、朝までコースとかお客のオジサマ(常務や社長さん)に
ついていってましたが、今じゃパタッと飲めなくなりました。前に戻ったって言うか。
見た目で「タバコも酒もいけそうだね」って、よく言われるんだよねぇ。
でも、普段、まったく飲みませんからねぇ。いやー、しばらくアルコールはいいや。



突然ですが、ワタクシから見たイタリアって、トウガラシ唐辛子

常習性のあるもの、たとえていえばトウガラシ。

使いはじめは、すこし。ぎょえー、辛い!と衝撃的。
でもだんだんその辛さに慣れてきて、徐々に辛さを強くしていって、ハマっていく。

大量に取るのは体に悪いとわかっていても、やめられない。
辛いんだけど、ウマミのある味。

そんな国だよ、イタリアは。



この秋、ローマで、


後半の前に↓をぱひーんマウス(左クリック)
ランキング


...つづきも読んでね♪
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。