Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あ~すっきり

ど~も~。ごぶさたしておりました。

忙しくって、ちょっくら間があいてしまいました。

更新してない間も、ぱひ~っと押してくださって、どうもありがとう
ほんま、うれしいわぁ。

このところ、社内試験に向け勉強してました。いや~、今回は、しんどかった。

情報のことがあるんで、内容はちょっとね・・・・なんですが、
人を巻き込みつつ、いろんなことを発表し、数種類の書類の作業もこなすという、
1時間半の口答(実技?プレゼン?)試験でございました。

結果は・・・・

それでもイタリアなワケ

一番でした~


もう、踊るしかないよねぇ~。あ~すっきり。疲れも吹き飛びました。

従業員が何万人もいるような規模じゃなくて、千数百人くらいの会社だから、
受けた人数は知れているとは言え、うれしい。

風邪気味で、オカマ声になっていたときも、鼻水が滝の時も、一生懸命勉強してよかった。
って、まだ治ってないけど。
そしてなんといっても、これまでの営業や経営管理のときのいろいろな経験が役に立ちました。


ごめ~ん、あんまり嬉しいから、ちょっとプチ自慢してもえぇ?
あとから個室に呼ばれて、いろいろ話したんだけど、ここ近年で一番だって!!
ひゃっほ~い365_20101126014250.gif


とりあえず、一山超えました。でもねぇ~、これで終わりじゃないんだよねぇ。
わたくし、12月の末にも、別の試験が、あるんだよねぇ。

転職組みが、自分の立場を確立するには、最初の一年が勝負なんだよね~。
ぼちぼちブログを更新しつつ、仕事もがんばるわ~。


明日は、久~~しぶりに飲みに行ってきまっす 週末は、今までの分睡眠とるぞぉ~☆



今日は、とりあえず、ご報告☆
わたしが、みんなにありがとうの、ぱひ~を送りたい
更新してない間もありがとう♪
でもやっぱり↓ぱひ~
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


これで最後

就職決まった記事に、コメントくださったり、クリックしてくださったり、
どうもありがとうございました!!!
わたしって、一人じゃなかったんだわ~って、ものすごく感じました。

友達に就職報告していても、みんな、すぐに返信くれたり、電話くれたりして
とっても嬉しくなりました。


わたしね、今回、初めて自分の好きな仕事を選んだ気がします。
他人さんから見たら、過去の職歴を考えると、なんで?って言われるような業界&給与での
仕事かもしれないけど、満足しています。

内定3社でたとか、仕事のおもしろさで選ぶか、生活とのバランスで選ぶかとか
えらそうに書いておりましたけど、わたし、50社以上落ちてます~(笑)
会社にあわせて、職務経歴の強調箇所を変えたり、自己PR書き直したり、つかれました~

転職し始めてすぐは、今までより条件を落としたくないっていうプライドがあって。
給与や待遇や、業務内容中心で選んで、応募していたんです。
でも、途中で、社会的ポジション(職種の評価や企業の知名度とか役職とか)や金銭を
優先にして、自分が幸せか?って考えるようになりましてね。
しかし、前より悪い条件にしたら、自分が妥協してるように思えちゃって、
また、気持ちがふらふらして。

若い頃は、キャリアや給与の目標が高く、その項目で会社を選んでいましたので、
以前だったら迷わなかっただろうなぁ。
今は大切なものの種類が変わってきて、最終的に、金額ではないところで決めました。
友達に話したら、年を取ったっていうことやって言われました
                                        大人になったと言ってくれ

今度は規模の大きな会社で、女性の管理職が多く、外国人も混ざっています。
仕事の仕方は、時間の長さよりも、質や中身を重視なので、ダラダラ残業は一切なし。
仕事とプライベートはキッチリ分けて、しっかり遊んでくださいと言われています。
というのも、夏期休暇が、なんと2週間もあるんですよー
もう、嬉しくてうれしくて  踊らずにいられるか


日本企業は、グローバリゼーションとか、ダイバーシティ・マネジメントなどといいますが
なかなか現実は、ともなっていません。
女性も向上心をもって、補助で良いと思う意識を変える必要があるでしょうし、
男女差のない=大変な事もあるという覚悟も必要でしょう。
また、託児所などの社会制度も強化しなければならないと思います。
とにかく今、日本は色んな面で、チャンスを逃し、もったいない状態にあるのは否めません。

日本も早く「女性は補助」的な考えから、男女関係なく評価したり、女性をうまく使っていくのに
慣れてくれるように願っています。




最後の転職になるように、がんばります
今日は気が向いたらでいいよ~
↓ぱひ~
人気ブログランキングへ


ありがとうございました

ヴィッラ・アドリアーナの途中ではございますが、みなさまにご挨拶を。

今までどうもありがとうございました

何ヶ月も、ウダウダ書いておりましたが、おかげさまで、新しい仕事が始まりました
また、英語に浸かった日々となります。  勉強し直さなくっちゃ
迷った末に、結局、東京の仕事は、辞退することにしました。

スカウトで転職が決まり、大学院での仕事を退職。
→大阪で打ち合わせしつつ、東京勤務決定
→しばらく待機するも、聞いていた話と現実がまったく違う事が発覚
→再度、転職活動開始

という、前職をやめてから8ヶ月、そのうちの再就職活動5ヶ月。(詳しくはこちら→ここ
つらかった・・・・ 今回は、ほんとう~に、つらかった
だって、あ~た、会社からの待機が3ヶ月あったとは言え、無職8ヶ月やで!キツイわぁ。

留学8ヶ月なら、あっという間に過ぎたでしょう。
これを機に留学しちゃえと言ってくれた友達もいたけれど、
家族を養わねばならないという現状と、将来の不安が大きすぎて、
留学する気には、なれませんでした。

日本企業の、仕事や女性に対する考え方や対応が、ほとほとイヤになり、
海外に焦点を当てたり、外資に絞ったりしましたが、日本企業で働く事となりました。
最終的に、条件ばかりを考えすぎないようにして、心に従って選びました。

自分の能力と経験で、勝ち取ろうと思っていた就職活動ですが、
企業から「能力そのものよりも、人物を重視して決めた」といわれ、今はそれが
ちょっと嬉しいです。
どんな事も、ご縁とか、相性ってありますもんね。
まだ、2,3日しか行っていませんが、今度の会社は、人材に力を入れていますし、
従業員が仕事を楽しんでいる感もありますし、女性の管理職が非常に多く、
今のところ好印象です。まぁ、仕事はしんどいですけどね。


「今までの苦しみは、未来に必ず役に立つ。」
今までの人生、そう信じてやってきました。(イタリアにもこんな諺があるし→ここ
実際、私が子供の頃、学校の先生や大人たちに褒められたり、
社会人になって、良い評価を受けた時など、幼少の頃からの苦しみが役に立っていた。
(話すと、ドン引かれることが多いんで、省略させて頂きまっす☆)

どんな事が苦しみだったか苦労だったかは人それぞれだし、比較するものではないだろうけど
少なくとも誰しもそれなりに、時に、自分の力ではどうしようもないほどだったり、
身が引き裂かれるように苦しかった事があることでしょう。

もちろん、その苦しみが直近のうちに、報われない事もあったけど、
長期的に見たら、無駄ではなかったと思う。

私が思うに、人間って、不幸な事を思い出そうとしてしまいがち。
そうすることで、自己防衛だったり自己評価しているのかも。

部屋の片づけをしていて、10年以上前の日記を見つけたとき、
ある人が私にしてくれたことについて書いてあった。
それは、わたしが今その人について思っていた印象とは、まったく違うものでした。

びっくり
自分に都合の良いところや印象の強かったところだけを記憶に残してしまっていたみたいです。

不幸な事を記憶し続けるより、小さくても楽しい、幸せな事に目を向けた方が
ステキに生きられると思います。
生死をわけるような身の危険がある以外は、どこかに必ず幸せがあると私は実感しています。

どうか、今苦しい人も、不幸で自分の人生を塗りつぶしてしまわないで下さい。

確かにつらい経験をしてきたと思うけど、今までの人生で、小さくても温かい幸せがあったはず。
忘れているだけかもしれないから、思い出してみてください。
思い出せなかったら、これから見つけてみてください。



後半は、私の支えになったものよ~

人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

はぁ~、なんか脱力~

1
最初はね、こんな感じだったの。


2
ちょっと時間がかかったけど、少しずつ奥の方から明るくなって


3
晴れたの。


4
でもまた、雲がもわもわ~って立ち込めてきて


4-1
どよ~ん。まるで何年か前の冬のパリみたい(笑) 寒い。暗い。




ごめ~ん、グチるけどちょっときいてくださる?
↓Siのぱひ Noの方はまた次回にね~
それでもイタリアなワケ


...つづきも読んでね♪

「告白」途中経過

あ~、しんど。
またでごわす。「申し訳ないけれど、今回は、男性を補充する事になっているので」って。
ふ~ 性別がわかったら、断られました。
経歴で、よく男性に間違われるのよねぇ。

はぁ~、仕事、見つかるのかしら。ターゲット間違えてるのかなぁ、わたし。
やれる事は明確だけど、やりたい事が見えなくなってきました。ヤバイね。

わたし、TV番組で、「プロジェクトX」が大好きだったんで、
今は、「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「ルビコンの決断」をちょいちょい見てます。

前々回のルビコンによると、
26歳(24歳かも)までの転職率は、日本16% アメリカ46%だそうです。

う~ん・・・・これを見るとアメリカの転職率、高すぎるような気がするんだけど。
普通に卒業したとして、高卒で6年、大卒で4年間の就労期間。

ま、それは別としても、日本では転職が少ない分、転職は好まれない。
以前ここ(→ここ)や、フランチェスコ・アルベローニが
比較して書いていたように、「労働行為を職業的能力として買い取る」のではなく、
実績は少なくとも「労働力として時間を過ごす」方が有利なんだよね、日本。

私、転職してるし、(日本では)年いってるし、未婚の女だし、(日本市場で)悪条件ばっかやがな。
経験をつんでいて、即戦力になるって思ってくれないかなぁ。(自分で言うな?
必要だと思われないことってイヤだね。

ジョン・ネイスビッツさん(米国の未来学者)、「女性が日本を救う」って、もう一回言って
くれませんかね。

でも、今までいたのも日本だし、考え方は多元的なはずだから、
相性のいい会社を地道に探すしかないな。
がんばるぞぉ~



今日はイタリアの現地話じゃないから、
バナーのクリックは気が向いたらでいいです☆
いつもありがと♪
人気ブログランキングへ


告白

試写会に行ってきました~!!
前回の試写は堤真一の「孤高のメス」(すごくよかった!!)でしたが、今回は、ぐふふ

Sex and the City 2!! イエーイ!!

ドラマを見て、はまったのよねぇ。
なんてったって、わたし、中学生のときからアメリカのドラマにはまったミーハーですから。
(→イタリアのTV中継とドラマ
前回の映画第一弾は、ラッキーなことに飛行機の中で見て、
今回は友達が試写会に当たったからと、誘ってくれました。ありがとぉぉおおお、友よ!!

サマンサが相変わらず、ぶっ飛んでて、サイコウでした。


おかえり!野口さん
(写真はNASAのサイトより)

ところで。
おかえりなさ~い!野口さん!!宇宙飛行士の野口さん、地球に帰還しましたね。

文系で、どうやったら宇宙飛行士になれるか真剣に考えた、わたし(笑)
ここ(→ナポリ人に気をつけろ)で紹介したサイトのほかに、ときどき、

彼の撮った写真を見たり →http://twitpic.com/photos/Astro_Soichi
彼のTwitterを時々読んだりしてました →http://twitter.com/astro_soichi

登録してない人でも見れるんですよ。わたし、Twitter、やってません。
ああいうの落ち着かないし、つぶやくなら、友達と語りあいたい人なんで。
メールで十分(アナログ?


はい。毎度長い前置きは終わりまして。
自分でもよくわかってるんですけど、わたし、頼るのが下手でねぇ。
自分の弱いところを見せたりするのも、あんまりできない人なんだ~。

弱みを見せると、たたかれる環境にいたせいでしょうか(笑)、頼れるところがなかったせいか、
がんばっちゃったり、大丈夫な振りをしてしまう。

なので、ここにも書かずにきたけど、そういうのをなくしていくためにも書くことにしました。
このブログのことは、日本の友達に言ってないし、書いてしまえ~。

無職になりました

え?わたしのことよ。
しかも、無職になってから結構たってます。。。実は、がーーーーん!!のピンチな状況です。

えーっと、私、すでに大学院をやめて、2ヶ月以上たっておりまする。
次の仕事が決まっての退職でしたが、ずっと待機&当初の話と違うことを知る。
打ち合わせがごくごくたまにあったんで、質問したりしたけど、ここで働くのを断念。
この2ヶ月つらかった・・・
もう少し、もう少しと信頼して待っていましたが、もう見切りをつけました。
新たに転職活動をすることにしました。

ってなわけで、プータローでございまっす


先日、ハローワークに失業手当の手続きをしてきました。
念のためもらっておいた離職票に「正社員での転職決定のため」と書いてあったので、
窓口の人に「なんでお前、ここにきてんの?」みたいな顔されましたが、
「(仕事)なくなりました」と言ったら、めっちゃ気の毒がられて、慰められました(笑)



しゃれにならな~い。人生何が起こるかわからんね~
リアルに励ましの↓クリックお願いいたします
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

ただ飯なんてものはない・・・

ローマ
はいっとな。
カラッと晴れた雲ひとつない空って久しぶりに見ました。
修正してないのよ。大きな写真を縮小しただけ。大統領官邸前のクイリナーレ広場です。

ワタクシの心もこのくらいスパッと晴れるといいな。

ということは、はい、そうです。
ブルーっていうか、グレーな気分だからなのさー。

まだまだ、ローマのことも、ほかの都市のことも、イタリア以外の国のことも
書きたいことがたくさんあって、ワタクシのことを書いている場合じゃないんだけども。
ネタが腐らないうちに、なんとかブログに書かなくっちゃ。


ワタクシのこと雇いたいって会社が。はい、イタリア勤務でございます。

おぉー!!と思ったが、時期が合わずにボツになりました。

あっさり終了。

契約内容を聞いて、これから細かなつめって段階で、時期についての問題発覚。

アウトォォオオ

でもま、3月の下旬に活動を本格的に開始して、このスピードなら、まずまずの出だしですかね。
現地にコネも何にもないことを思えば、かすりでもしただけましか。
友達の紹介が一番早いし信頼できるんだろうけどなぁ。。。友達もイタリアでは外国人だし、仕事探してるっちゅー状態なもので。
実は、ここ、労働条件で、ちょっと(いや、実はいくつも)引っかかるところがあったし、
これで良かったんだと、ご縁がなかったんだと思います。

There is no such thing as a free lunch.

訳しますと、「ただ飯なんてものはない」
日本にも、「ただほど高いものはない」ってあるじゃない?あれです。

何かを頂くと、お返ししますから、金銭的にかかるとか。
何かを紹介してもらったり、ゲットしてもらうと、ほかに良いのが出てきても変えられないとか。
ちょっとニュアンスが違うけど、ぽーんと振って沸いたように来た仕事はこういうことになるのね。

リスクを(Riskであって、Dangerではありません。日本語は結構混同して使っていますけど)
早く察知するように気をつけて、働きたい・行きたいという感情で判断しないようにしつつ、
これからも前進いたしようと思います。
※リスクはコントロールしたり、推し量ることが可能なものです。運に任せたり、闇雲にやるのはDanger

ただ飯なんてのはない・・・・のはわかってるけど
それでも、ちょっと、やっぱり惜しかった。。。かな。

が、




ここんとこ、イマイチ、ノレなかったのは仕事の多忙とこのせいでした
↓クリックでエネルギーをくださいハート
ランキング


...つづきも読んでね♪

しあわせは

前回はムカつき話だったので、書くのどうしようかと思ったのですが、

う、うれしぃjumee☆faceA69めっちゃ、うれしかったですjumee☆faceA76

笑えない話なのに、コメントくださったり、
読んでくださった方も、クリックしてくださった方もいつもよりたくさん。
どうも、ありがと~。

ああいう時ってすごく頭にくるんだけど、その後、どぉおんって凹むんだよねぇ。

外国人と混じって働いているとはいえ、大部分が中年以上の日本人男性ですし、
まさに「日本社会」でして。
一番売り上げの低い地域を与えられ、売り上げが伸びると担当を変えられたりもしました。
しかし、簡単にやめるわけにはいかなかったのだ。
もちろんやりがいもあって面白かったけど、ワタクシね、生きるために仕事してたのです。
うちはもう父がいないので、稼ぎ頭がワタクシなのです(姉がいますが事務系なので)。

おじちゃんたちは、女性をなかなか使わないのよ。男女の候補がいると男性をとるんだよね。
同じ投資をしても長く勤める可能性の高い男性にって言うのもわからんでもない。
女性の中には「腰掛でいいの」と公言している人もいるからね。
それはそれで、その人の選択だから良いと思うんだ。
正直、腰掛といわれる人たちのことを内心いいなぁって思ったりする部分も。

こういうのって、ちょうど40代家族持ちのお父さんの気持ちとでもいいましょうか。。。
会社をやめたかったり、くっそーっ!て思っても自分一人じゃないし、
生活かかってるから、こらえるっていうかね。

でもね、やはり候補は、性別で選ぶんじゃなくて、一個人として判断してくれよと切に思う。
だいたい、男のどこが偉いねん。女性からしか生まれてこれないくせに。
外国人をいつまでたってもお客さん扱いなのは、こういう「違いを認められない」ことに起因していると思う。

                

過去にね、生活が大きく変わるチャンスがありまして、さぁってときに、そのチェンジはなくなり、
前から治療していた病気に倒れ、この2年、さえない日々でした。
やりたいことと、やれることのバランスが悪くって、悶々とした日々が続いてました。
その間に勉強していくつか資格とったから、友達は「そんなに悪くないじゃない?」って言ってくれたけど、
本当はね、仕方なくなのだ。何かやらなくちゃと思って。
多分一人暮らしだったら、ダラダラしてたかもね。
でも、元気なふりを、忙しいふりをしていないといけないからね。家族に知られないために。。。。


「しあわせは、じぶんできめる」


という相田みつおさんの言葉のとおり、自分の人生は自分で決める。
他人からみたら、前より悪い状況になったように見えても、幸せであると自分が思えるならそれでいい。
人生の主人公はワタクシで、You Never Know What You Can Do Till You Try.


ワタクシ、決めました。











しばらく、イタリア行ってきます。



つづきは↓マウス(左クリック)としてからね
ランキング


...つづきも読んでね♪

日本が遅れていると思うとき

お久しぶりにワタクシの日常話。

毎朝、幼稚園の前を通って出勤するのですが、いつも会う親子がいるんです。
息子ちゃんが幼稚園で妹が1歳くらいかなぁって感じ、で、あとはお母さん
この息子ちゃんがね、いつも笑顔なの。
子供なりに、気分がのらない日もあると思うんですけど、いつも笑顔なんです。

幼稚園がすきという理由なのかもしれないけど、いずれにしてもすばらしい

これはきっと仲の良い家族なんだろうなぁって思って。
おかあさんが、たっぷり愛情をあげているとか。妹にも優しいのよ、この息子ちゃん。
朝、この家族に会うと心が穏やかになります。


しかも、今朝はもう一つほんわかぽっなりました。
というのもね、私の前に小学校3,4年くらいの女の子と、
その妹と思われる幼稚園か1年生かという年の子が並んで歩いていたの。

ワタクシ一歩が大きいんで、だんだん近づいていっちゃったのね。そうしたら、
お姉ちゃんのほうがワタクシに気づいて、妹が歩くのをとめさせて、さっと道をあけてくれたんです。
おっちゃん・おばちゃんで道をふさいで知らん顔してる人がいたり、
子連れだからと思っているのかわからないけど、
ベビーカーを並べて友達と歩くお母さんなどがいたりと
大人でも周りに気遣いのない人がいるのに。

この子は立派な子やわ~


大人からは子供だからと半人前扱いされることもあるだろうけど、
彼女は、一人の人間として大切なことを知っていると思います。
こうやって道を譲ってくれたので、「どうもありがとう」っていって通りました。

そしたらね、にこって微笑んでくれたの。

とってもいい笑顔でした。え、ええ子や~
あかん、もうおばちゃん、やられました。撃沈です。




次は、違う意味での撃沈話。ちょっと長い・・・ゴメンネ
続きは↓ぱひっとしてからねニコッ♪
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

一緒にお風呂

週末、イケメン男子に一緒に風呂に入ろうと誘われたワタクシです。

ワタクシ、ずいぶん気に入られたものです。ワタクシに夫はおりませぬ。息子もおりませぬ。

お誘いくださったのは、










友人の










息子ちゃんです!


エロジジイじゃなくて良かったです。はい。


週末、前の会社の同僚(友人)の家で、リラックスしてまいりました。
彼女には、2歳ちょっとの息子ちゃんがいるのですが、イタリア人もびっくりの
女の人、大好き♪なのです。

もちろん、行くといつも一緒に遊ぶからワタクシのことも大好き。
友人のダンナちゃんが、ワタクシのことをDelちゃんとよぶので、同じようにワタクシを呼ぶ息子ちゃん。

一日ワタクシにまとわりついて、遊んでいた息子ちゃん。
友人のダンナちゃんが作ってくれた夕食をみんなで食べ、
ワタクシのひざの上でにっこり笑っておっしゃいました。

「デ~ルちゃん、おふろ(いっしょに入ろう)♪」

あやうく、顔につられて入るところでした。あぶね~、ワタクシ。
むすこちゃん、翌朝、「Delちゃんは?ママ、Delちゃんは?」
「これ(お土産の自家製パン)Delちゃんつくった?」ってしつこくリピートしてたって
かわええのぉ~。


ところで。


話は変わりますが、


話が変わる前に↓ぱひマウス(左クリック)
ランキング


...つづきも読んでね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。