Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


また会えた

世の中はとっくに平常に戻り、ロケットスタートで働いてらっしゃると思いますが・・・

ちょっと・・・・・クリスマスの話題に戻ってもい~い?

写真見てたら、ひとつね、思い出したんだよね~。


118_20130108200550.jpg

ピンチョの丘(ナポレオン広場といったほうが正確か)から見えるツリー。
奥はポポロ広場ね。

ツリー、大きいねぇ。
足元にいる人の大きさを考えるとすごいわ。
これ、近くまで見に行ったら、本物の木だったんだよね。樹齢何年なんだろう。



110.jpg

サンタンジェロ城の橋を渡って、ヴィットリオの大通りまで出ようと歩いていたら、
こんな団体さまが。

観光客、写真撮りまくり(笑)
また、この人たちも愛想よく笑顔で手を振ってくれたりして。

首に下げていたカードを見たら、イタリア人の何かのイベントのようでした。



100.jpg

じゃ~ん、ヴァチカンのツリー。これも立派だったわ。
夜のほうが、荘厳な感じで美しいでしょうね。

今回、ヴァチカンへは2つ見たいものがありました。
1つは、ヨハネ・パウロ二世のお墓。

以前ローマに滞在していた時、
彼のお墓は、地下の歴代教皇のお墓のところにあったんですが、
2011年に福者に認定後、サン・ピエトロ大聖堂に移動。


いつぞや地下で見た白い墓石はそのままで、祭壇の前に置かれていました。
軽く感動しました。んで、お祈りしてきました。

嬉しかったけど、さすがに、お墓を撮るのは控えました。
ちょっとね~。

ちなみに、写真を撮ろうとすると、係りの人に指摘されますよ~。






前回のお返事は、この後書きますね~
おくれてごめんなさい
いつも、一押しありがとうございます。
↓ぱひ
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます

スポンサーサイト


ローマの知る人ぞ知る?場所

先日、栗が 9粒で1500円 で売られていましたっ!ひ~っ!!!

高すぎて買えましぇ~ん。
驚きの金額に「びっくりだよね?ね?」って同意してほしくて、
イタリア人に伝えたところ、期待通り驚いていくれました。満足~。

欧州在住の日本人友達のところでは、バケツ1杯5ユーロ(515円)だって!いいな~。
そして最近は、スーパーで栗を見ない。。。今年は不作と新聞で見たけれど、本当なのね。


さて、久々すぎるほど、久々なローマの話。

それでもイタリアなワケ

夜のカンピドリオの丘。
月の光と澄んだ空気の夜空。ライトアップもあって、昼間よりさらに美しいですね。

ローマに観光に行かれたかたは、ご覧になったでしょう、
奥の市庁舎(正面の建物)、手前の広場中央に、マルクス・アウレリウスの像。

この広場に行かれたら、ぜひ探してみてほしいものが。
アウレリウスの象の正面から20センチくらいのところかしら、
10円玉くらいのゴールドの円

これね、ローマのゼロ地点(基点)なんです。
ローマ帝国時代は、フォロロマーノがゼロ地点だったそうな。
(といっても、フォロロマーノって市庁舎のとなりにあるんだけどね)

ちなみに、東京のゼロ地点は、日本橋(街じゃなくてホンマの橋)。
日本橋の中央部分です。(街路灯があるのですぐ見つけられますよ~) 

さて、ここに来ると、広場にある美術館の窓から見えるミケランジェロのデザインや、
市庁舎わきにある、
オオカミに育てられたロモロ(ロムルス)とレモ(レムス)兄弟の像(→建国の父ゆかりの教会)
なんかが有名ですが、ぜひ、ローマの基点も写真に残してね。

基点の表記は全くされていないので(笑)、気付く人はほぼ皆無。
ただ金属が、像を置く場所のしるしとして置かれたのかな~ってくらいにひっそりと(笑)





あと二つ見てほしいところがあるの~
後半も見てね♪
ありがとう!
↓ぱひ~
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます


...つづきも読んでね♪

家族

どうも

それでもイタリアなワケ

海坊主です。

                          ・・・・・・・・ではなく、




それでもイタリアなワケ
ヨハネ・パウロ二世の銅像でございます。       似てね~

わたし、今の法王のヴェネディクトさん、そんなに好きじゃなくってね・・・。
言うこと、為すことことのせいかね。


ジョバンニさんは、好きだったんだよね。
それでもイタリアなワケ
彼の笑顔が優しいっていうのもあったけど、さまざまな国に行って、戦争反対の訴えをしたり、
異教徒に会いに行ったり、人々に行動をただすよう論したり、
自分やバチカンの過ちも謝罪したりして、人間らしかったからかも。

27年という長い任務で、彼の行動を何度も見たのも影響しているとは思うけれど、
なんだか彼がとっても好きでした。
だって、病気のあと、その影響がもろに見えるのに、公の前に出るって難しいよね。
でも彼は、そうしたんだよね。
そういうところにも、彼の人柄が見えて好きだったわ。

彼が亡くなったあと、ローマに行ったときは、地下のお墓詣りをしてお祈りしてきました。
今は、地上に場所が変わったんですよね。
次にローマに行ったら、今度は大聖堂の中でお祈りしてきたいなと思っております。



パパが、マザー・テレサと一緒にいるってことで、ちょっと家族について。

今は、養子というと、暗いイメージ、かわいそうなイメージが付きまとう。

・・・・・気がいたします。


でも、昔の日本は、兄弟の一人を親戚の子供として養子にだしたり、
貰い手のない子供をもらってきたりと、今よりなんだかオープンだった気がします。

その時代に生まれてないワタクシがいうのもなんですが。

今の70代の方の親の世代は、そのようなことが多かった様子。
というのも、




今日は休みで、PC学校時代の友達に会ってきました!
結婚10年目にしてできたお子様が来年早々生まれる予定でっす♪
とっても嬉しい~!!
↓ぱひ
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

意外にハイテク

vatican
この机で、場所がわかった貴方は、かなりすごい。
こちら、バチカンのオーディオ貸し出しの机です。

お兄さんに、「PC使いたいから電源かしてくれますか?」って聞いたら
「そこの、壁のコンセント使って良いよ」って言われました。 日本だったら使わせてくれないよね。


vatican1
何を見ているかというと、はい、この↑デザインをよく見てください。


次はこちら↓(ちょっと向き違うけど)
vatican1_1

これ、バチカンの設計図なのよ~!!
修復って、手作業で職人なイメージだったけど、ハイテクなのね。知らなかった。

このPCの持ち主、バチカンの修復に関わった人でございます。
すげ~。

「えぇ~!!すごいっ!!やりたくたって、なかなかやらせてもらえないだろうに、
こんなすごい建物の修復に関わって、すごいね!!」って尊敬のまなざしで言ったら、

「ん?う~ん。。。。ん?」って、ご本人は淡々としてました。
デキル人っていうのは、エラそうにしないもんですな。
修復作業中の人の写真や、現場に入った人しか見れないような写真を見せてもらいました。

わたし、こういう建造物、大好きなので、色々質問したり話を聞いていたんだけど、となりで
Mちゃん、つまんなそうにしてました はは、ごめんよ、Mちゃん、長かったかね?


この人、私の友達じゃなくってよ~。私にはこんな知り合いおりませぬもの。




機械でミイラを調べたりするのは知ってたけれど、
修復は、アナログな世界かと思ってました。わたしも~って方は、
 ↓ぱひ
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

なにが見える?(マルタの騎士団)

lavernate


ち~と、更新がごぶさたしてしまってごめんなさい。

ここのところ、急に忙しくなってしまいました。忙しい前は、苦しかったんですけど、
吹っ切れました。

毎日見に来てくれてるみなさん、ごめんなさい。
しばらく、ちょっと更新頻度が、ゆる~くなっちゃうかもしれません。

踏ん張り時が終わったら、また頻度がアップすると思います。
とかいって、こういうこと書くとたいてい更新できちゃったりするんだけど(笑)

イタリアで撮った写真を載せて、つぶやく程度だったら、できるかも・・・と思うけど、
イタリアに住んでいるわけでもなし(笑)、
その分、もう少しつっこんだ記事を書きたいと思うので。

とかいいつつ、今日は写真いっぱいで

V.P.ta Lavernate
ジェルソミーニ広場から、緑のいっぱいのポルタ・ラヴェルナーテ通りの坂を登っていくと
こんな建物が。教会だったかな?病院だったっけ?忘れちゃった


Piazza dei Cavalieri di Malta
途中、高級ホテルを通り過ぎ、のぼりきると広場。
振り返ると・・・・・


カラビニエリ
警察(カラビニエリ)がいます。不審な行動をとると職務質問されます。
ウソです でも、この人たち、いつもいます。 




どこか、もうわかっちゃったかも~
後半の前に↓ぽち
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

タルペイアの岩

「あれ?なんか虫が来た?蚊かな?」
「うんにゃ、いないよ。あ・・・・・・・・・・・、 TVだ。」

Del母、ブブゼラを蚊の音と間違えました。。。。おい

今日、号外出てましたね。
はい、サッカー日本チーム勝利の。よかったね。
わたし、サッカー全然知りませんから何も言えないんですけど、
大会前、ボロクソ書かれていて気の毒だったもんなぁ。

イタリアは、アイヤイヤ・・・・。現地では、がっかり&罵倒の嵐か?
日本の新聞に「王者、敗退」って書かれていました。

Del母いわく「きっとあの応援の笛(ブブゼラ)が気になったからじゃない?」
確かに、ブーブー、ずぅーーーーーーっと、ブーーーーーーーっていってて耳障りではあるが、
選手は集中してるから、関係ないんでね?

イタリアのマルチェッロ・リッピ監督の言葉は男前だったね。
「すべての責任はわたしにある。言い訳はしない。」って。
イタリア国民やサッカー協会に向け敗退を謝罪したそうな。潔いではないか。好印象

イタリアもフランスチーム同様、エコノミーで帰ったんだろうか・・・???

タルペイアの岩
ローマを歩いていると、こんな↑のがひょいっと出てくるんで
「あ~、遺跡ね」くらいで、通り過ぎてしまいそうになります。

ここは、タルペイアの岩

マルケルス劇場のそばの、カンピドリオの丘の端にあります。

昔、この崖から、犯罪者が、投げ落とされて処刑されていました。
そのもっと前の時代、ローマ帝国の頃(いや、スパルタの頃かも)は、奇形や不治の病の
赤ちゃんが、投げ落とされていました。

当時の慣習なので、今の考え方で、安易に「かわいそう」と非難できない所がありますが、
たくさんの肉体が、終わったところだったようです。

きっと今よりもっと高い崖だったんじゃないかなぁ。
今残っているくらいだと大怪我くらいで、屈強な犯罪者だと脱走できそうだから(笑)

この場所は、ローマ建国時代のひとりのローマ人女性の話が始まりです。



たくさんの魂よ、安らかに
↓今日もクリックありがと
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

ガイドブックに載ってない場所

アカデミー賞、ハート・ロッカー(Hurt Locker)がとりましたね♪
よかった!
個人的に、アバターがとるのは、いやだなぁって思ってました。
3Dは確かにすごいけど、”あ~、ハリウッド的”なストーリー展開とブッシュの脳みそを思わせる
単純思考と強引な感じが好きじゃないのよねぇ。
この作品についてはね。
ターミネーターは好きだったです(タイタニックはそんなに好きじゃなかったけど)。

予算5億ドルと1100ドルという予算の違いにもかかわらずハートロッカーが受賞したのもウレシかった。
予算がない分、訴えたい本質的なところを大事にとってる感じが良いです。
予算額と配給会社に力のあるいわゆる王様的作品よりも、いい脚本作品がとったことに安堵しました。

キャメロン監督が、彼女が受賞したときに「よかった!」って言っていた気がするんで
その辺は好感が持てました。(だってやっぱり賞をほしいと思うもん)
キャメロン監督の、新しいことに挑戦するところはスゴイと思います。
式前のインタビューのときも「彼女の才能が、認められるのはすごくウレシイ」って。
日本の報道で、元妻と表示されてるけど、
彼女、何番目の妻だったかね?今、彼が一緒にいるのは5番目の妻だからねー


サンドラ・ブロックも賞とったし♪
わたし、サンドラのこと結構好きなのよねぇ。アメリカでは、高感度高いですよ、彼女。
彼女の映画をそれ程見たことはないけど、飾らない感じと、がんばり屋なところが好きです。

映画より、むしろ雑誌のインタビューと、周りのスタッフが話しているTV番組をみて好きになりました。
撮影の製作に関わっていたときの彼女は、汚い服着て、夜遅くまでよく働いていたそうで、
条件つけてこれじゃないとイヤとかいってる女優と違って、周りの人からの信頼が厚かったです。
ゴールデン・ラズベリー賞(最悪映画賞とでもいいますか)でも、普通でてこないのに、本人登場。
ユーモアたっぷりのスピーチに
ジョークのわかる人とか、自分を卑下するジョークを言える人って、私、好きです。


いけない、また長くなっちゃった。では、イタリアにうつりまして・・・


ローマ共和国
はいっ!これ。
あまり、見ないタイプのものですよねー。
トラステヴェレからジャニコロの丘に行く途中にあります。
(※San Pietro in Montorio教会をすぎた坂の左側です。ガリバルディ通り。)

ある日、知り合いのローマ人に、
「これ、なーに?なんか、エジプトっぽい感じだねぇ」って聞いたら

「う~ん。。。。。。よく知らん

って言われちまいましたっ!
即効「だめじゃん!ローマ人!」って突っ込んでおきました。

やっぱり自分の住んでいる町とか国について、説明できたほうがいいね。
この人いわく「ローマは数え切れないくらいあるから、全部は説明できんよ」だって。
まぁ、たしかに。

ということで、自分で調べてみました。



今日は女性の日ですね。ミモザの黄色い花もらいましたか?
私は、ミモザケーキがほしいです
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

間違っておりますた~☆

仲良しのタイ人の友達が年末に国に帰ります。
いなくなるのは寂しいけれど、これもまた人生。バンコクに遊びに行くきっかけができました♪
彼女はタイの大学の先生です。
大学から、2年もいたんで、そろそろ戻ってこいと指示があり、日本の大学との契約更新も
出来たけど、帰ることとなりました。
12月になると忙しくなるだろうから、今週末は、彼女の家で親しい友人たちと食事会です。
帰る前はきっと送別会続きでゆっくり話せないといけないからね~。
さー、デザートなに作っていこうかなぁ。

イタリア旅行        イタリア旅行        イタリア旅行        イタリア旅行        イタリア旅行        イタリア旅行


ところで、ヴァチカンならではの観光名所ってことで、マニアックなお土産を
ご紹介したことがありますが、場所に自信がなかったんで、
この間の旅行で、確認してきましたよ~。

っていうのはウソで、パンテオンの帰りに、たまたま通って気づいた。

ごめ~ん、場所間違ってた。お店の場所はここ↓
mappa

前回書いた場所を90度回転させると、正しい場所に。方向間違えちゃったわ。
間違った情報でした。ごめんなさい。

パンテオンを南下し、サンタ・マリア・ミネルヴァ教会から
大通りのビットリオエマヌエーレⅡ世通りに向かって、チェスタリ通りをすすみ、
左手にピーニャ通りがでてくる手前にあります。

何のお店かというと・・・



ちょっとスペース少ないんで、写真は後半で~
↓ぽひっ
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

ローマの穴場

今日は写真がいっぱいだよ~。

現地の人には有名だけど、観光客には知られてないところ。
私が友達と一緒に行ったときは、だーれもいませんでした。
ローマでそんなところって珍しくない?
英語のサイトだとちょこちょこ見ますけども、それでも、まだそれほどメジャーじゃないみたい。
住宅街にあって、中心部から少しはなれているのと、
他に見るものが周辺にないっていうのが理由かと思われる。

私は今回絶対行きたいと思っていた場所で、知り合いに話したら、
「えー!この暑いときに、そんなところいくの?いいところだけど、暑いよ!」って言われました。

蛙の泉


 ドラマや映画にもよく使われる、
 こーんなところ。
 (クリックすると大きいサイズになります)


 蛙の泉とミンチョ広場
 Fontana delle rane Piazza Mincio


改装されてきれいになった、このVillino delle fate妖精の館(邸宅)が一番有名で目立ちます。
Villino delle fate

ね、ステキな建物じゃない?ローマの中心にある住宅とは違う愛らしさを漂わせる建物。
正面だけでなく、横もステキなの。
妖精の邸宅   妖精の館

他には、こんな絵がかかれていたり、以前病院だったんでしょうかOspedalveと書いてある。
Quartiere Coppede  Quartiere Coppede

美しいねー。きれいだわ、とっても。

ここはローマにある高級住宅街の1つ、
Quartiere Coppedeコッペデ地区
英語で言うと、Coppede Quarter コッペデ・クウォーターです。


ちょっとディズニーランド・チックです。興味がわいたら
↓ぱひっとして後半へ
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

パンテオンの裏側

9月に人事異動があってから、なにかと忙しい日々が続いておりまする。

夜のパンテオン
 ブログは息抜きになって、
 とても良いです。
 やっぱり楽しくなくっちゃね。

 ところで、この写真、
 夜のパンテオンでございます。
 
 パンテオンというと、
 明るい太陽の光が入り込む
 写真が多いけど、
 夜はこんな感じで、
 昼とはまた違った荘厳さが
 あります。


そして、パンテオンには、こんなものがあります。
さて、これはどこにあるでしょ~か?
パンテオンの穴

本当はね、正面からとった夜のパンテオンを載せようと思ったの~。
でもね、ブレてるのと、フラッシュ忘れたのという、しょ~もないのしかなかった!
これしかないから、ま、いっか。
載せちゃえ。どっちも、びっみょう~・・・・
夜のパンテオン 夜のパンテオン

パンテオンって石で重厚な建物で、ドッシーンっていう
イメージがあったんですけど、そうでもないところ見つけちゃった♪


更新してない間も来てくれてどうもありがとう!
後半へどうぞ~
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

ローマの休日 日本の祝日

脳年齢25歳(よしっ!)、肌年齢、実年齢-3歳。精神年齢、すでに中年。
友達になれそうな人は、ビル・ゲイツ・小泉元首相・一休さんのDelfinoです。こんにちは。
Via Margutta
                           初登場、Delでございます↑デカッ 足出ちゃった・・・

健康な身体および健全な心を養う体育の日ということで、
チェックしてみたら↓な結果が出ました。

「あなたは、一人前の大人で、そろそろ威厳が感じられるようになってきました。 (おぉっkao03
しかし若者とは話があわなくなり始めてきました。 (うっ、図星・・・jumee☆faceA106
あなたは実際の年齢よりほんの少し大人びています。
時々友達に頼られたりしませんか? (兄さんって呼ばれてまっすjumee☆faceA131 」

幼稚度12%
あなたからはほとんど幼さは感じられません。
しかし時には羽目をはずしたりもできるタイプなので、理想の『幼稚度』といえるでしょう。

大人度89%
あなたはかなりの大人です。物事を冷静に受け止めていく様は、とてもかっこいいと思います。

ご老人度31%
あなたからはかなりおじいちゃんっぽさが感じられます。
そろそろゲートボールがしたくなったりしませんか?

おじいちゃんっぽいって・・・・jumee☆faceA195d 微妙なところもありますが、結構当たっていました。
大人度は高ければ高いほどよく、逆にご老人度は低ければ低いほどよく、
幼稚度は15%前後なのが、活発で頼りになる理想的な人なんだそうです。

さぁ、皆さんも、体育の日にちなんで、よかったら計測してみてね。
体力年齢チェック  脳年齢テスト  メンタル健康度チェック

肌年齢チェック   精神年齢鑑定

さて、今日の写真の場所は、


記事が気に入ったら
↓ぱひっとお願いしま~す
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

兄弟ですか?

有名じゃないほうの建物

  ここは、
  かの有名なコロッセオ・・・・















  ではありましぇんっ!!


だって、ほれ。
Teatro di marcello
コロッセオの近くに、こんなん建っていませんもん。

コロッセオはこっち↓
コロッセオ

なんちゃってコロッセオはこれ↓
マルチェッロ

以前、ここでも(→ステキ教会・残念教会)ご紹介しましたが、
よく似たものがあるローマ、第二段!



後半にいくで~
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

イタイ過去・・・

一日一度は夏のイタリア旅行のことを考えてしまう今日この頃。
昨晩、化粧品をすっぽり一式日本に忘れて、飛行機の中で「ひっ!」といってる夢を見た。
この続きは、「しかたない。着いたら日焼け止めを買って、眉毛だけ書いとくかー。」だった。
夢の中までおおざっぱだぁ~。おほほ。


私、出張によく行っていましたので、さぞキビキビして、旅行なんて慣れているんでしょう?
といわれることもあるのですが、いやいやいや、よく失敗してましてね。

電車に乗ったはいいけど、間違えて違う駅で降りちゃって、
「あれ?景色が前に来たときと違って、なにやらおかしい・・」と思って
近くにいる人にきいたら 、やっぱり違っていて同じ電車に飛び乗ったとか、
イタリアに初めて来たとき、財布をすられたとか。
それによく道に迷って人に聞きまくりだし。
そして、いつ来たときか忘れちゃったんですけど、罰金払ったこともあります。うふふ。

ローマには、いろんな観光バスがありましてね。金額と寄る場所が違うの。
こんな↓
観光バス2
市内14ヶ所の観光名所に寄ってくれるバス

観光バス
バチカンやサン・ジョバンニ・インラテラーノなどの教会を回ってくれるバス 16ユーロ
 Christian Roma 

観光バス3
古くからある11ヶ所を回るバス。10分ごとにバスが来る。20ユーロ→ 101Open Stop&Go

ほかにもいくつかあります。
自分で、市バスや地下鉄に乗っていこうという人には、値段が高いかもしれませんが、
滞在期間が短くて、でもいろいろ見たい人、あんまり歩きたくない人にはすごく良いと思います。


そうなのよ、こういうバスに乗ってたら罰金払わなくても良かったのよ~。
罰金ってね、バスのチケットで。
でもね、でもねー、ちゃんと理由があるのよーjumee☆Wait for Me2

だってさー、だってさー、できんかったんだもーん。タイミング悪かったんだもーん。
ほら、よく地下鉄で検札してるときあるでしょ?
一列に警官が並んで、逃げられないようになっている。あれ。
地下鉄は必ずチケットを通さないと入れないから自動的に刻印される。
が、バスは・・・バスは・・・・
込んでいるとガッシャンと刻印できないときもあり、すいてからやったり、
近くの人に頼んで押してもらったり。
検札が来た事なかったし、人もいっぱいで、ちょっとすいたらやろーと気楽に構えていた。
罰金の金額も知らなかったしね。
(イタリア訪問、2回目くらいのときだったかなぁ。。。うっすら思い出してきたかも)

そしたら、テルミニ駅終点に向かいどんどん乗ってきて、それどころのじゃねーって感じに。
あ、終点まできちゃった。やっとぎゅーぎゅーから開放されるわ♪って思ったら、
乗って来たじゃないのぉー。
ダンダダンダンッダンッ(ターミネーター風でお願いします)
まるでゴレンジャー(古い?)のように、といっても3人だけど、前から後ろから。
げっ!びっくりやべっと思った私


ぱひっ↓としてから後半へ。Grazieハート
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

ここに呪いはありません(ローマのピラミッド)

日本企業のエスプレッソ用コーヒー豆をみつけて、購入してみたら、
豆の色も、挽いてある大きさも、香りもぜんぜん違っていて、期待の分だけテンションだだ下がり。
やっぱりエスプレッソ紅茶はイタリアだね。
いつもどおりillyとLavazzaを(うちの近所はこれしかない)買うことにします。

きゅ、きゅ、きゅ、きゅぅぅううう~
市立展示館

あ、すいません。いつもバスからこれを見ると心の中でこう叫んでいたもので。

ここはナツィオナーレ大通りに垂直に走るミラノ通りにあります、市立展示館です。
Palazzo delle Esposizioni市立展示館HP

いつも、なんのQだろう、と思いながら中に入ることなく終わってしまって。。。
写真で見るとQの看板をつるしているのが見えるけれど、窓越しに見ると宙に浮いているように
見えたんですよねー。この荘厳な建物に、この看板。このセンス、おもしろーいっ笑う


突然ですが、今、勤務先で、二人気になる人がいます。
彼らが私の席の後ろの通路にやってくると床がコンクリートっていうせいもあるけど

ぎゅっっぎゅって靴がなるのー!!

毎日同じ靴なのかしらjumee☆whyL
彼らは、外出はほとんどなく、99%社内勤務。

あの音を聞くととっても、気になるのよぉ~

一日にコップ1杯分の水分がでるといわれているから、毎日同じ靴をはかないほうが良いけど、
もしそうなら社内にいるときは社内靴を履けば良いのになぁ。

ピラミッド




とりあえず、後半へGo!
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

隣へは楽して参りましょう

やる気のない兄さん
こんな会話がなされたかどうかは、わかりませんが、マッチョなお兄さまたちの像があるここは、


vittorio_emanuele
こんな、日焼けを気にしてるんだか、してないんだかわからないお兄さんも。
(ほんとは日焼けちゃいまっせ 右側のライオンに注目)


ビットリオ・エマヌエーレ2世記念堂1
はい、ここは、ローマにきたら一度は目にする、ヴィットリアーノこと、
ヴィットリオ・エマヌエーレ二世記念堂 
Monumento a Viittorio Emanuele Ⅱ
だって、この横に、バスターミナルがあるから。そして、でっかいのだ!

どれだけ大きいかというと、
monumento a Vittorio Emanuele Ⅱ
こぉ~んなに、おっきいの。
人間なんてマメです、マメ。ローマの丘から見てもすぐに見つかるくらい大きい。

ヴィットリオ

 ビットリオ・エマヌエーレ2世というと、
 ミラノのガッレリア(アーケード)を想像しちゃう。
 ミラノでも、ローマでも、イタリアのあちこちの街で、
 この名前を見るのは、


 ←このおじさん、
 イタリア初代国王だからなの~。
 あ、写真ないほうがよかった?笑う

 ヒゲとモミアゲが一体化しているのが、
 妙に気になるぅ~あ

 リソルジメントといわれる、
 イタリア統一運動を推進した人です。

 トリノ出身

中は、行って見ていただくといたしまして、この記念堂の作りかけの様子を。
1906年
はい、これは1906年です。
この記念堂は1885年~1911年までの歳月をかけて建設されました。
20年かけてこの状態ですから、ラストスパートの5年は、かなり急ピッチだった?(笑)

1911年の出来上がりも今とちょっと違います。



今日は写真が多いよ♪
写真が多いのが好きな人↓ぱひ~んっマウス(左クリック)とな
          人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。