Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あ~イタリア(笑)

それでもイタリアなワケ

これ、わたくしのツボにはまったショーウィンドウ。

テルミニ駅のナイキショップの前を通るたび、なんだか、ぷっとこみあげてきちゃって。



部活で、みんなで走ってるというよりは、

軽やかに、いや、軽やかすぎるやろ、っていう足取りで楽しそう(笑)

ちょうどクリスマスのバカンス前だったんで、気持ちあらわれてるぅって
余計に思いました。

マネキンまで、イタリア人なんだなぁ~って、ちょっとウケた。



それでもイタリアなワケ

トラステヴェレに行ったとき、道に誰もいない・・・・。

そりゃ、大通りからすぐのところじゃないけれど、それでも誰もいないなんて。



トラステヴェレの夜は、

遅くなればなるほど、わらわらと人が集まり

バーなんて、店の外まで、人があふれてたりするのに。

そんなに不況なのか?って思ったら違った。




これこれ↓

それでもイタリアなワケ

ローマVSミランの試合がある日だったの。


だから道に人がいない!

ここのように店の中でサッカーが見られるお店は、満席でした(笑)

すごいな~、サッカー熱。

「あ~、わたし今イタリアにいるわ」って実感しました。





いつも、一押しありがとうございます。
↓ぱひ
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます

スポンサーサイト


イタリア人についてよく聞かれること

今の職場もイタリア人がいますが、塩少々って言うくらいのほんのちょっと。
圧倒的に北米人と日本人が多いです。

お客さんによく聞かれるのが、
「イタリア人って、みんなカッコいい(もしくは美人)なんでしょ?」ってなこと。

ん~なわけないっしょ! と、毎回力いっぱい否定しております。。。。。
日本人で見た目に美しい方が一握りなのと同様、イタリアも一握りでございます。
わたくしの友人Mちゃんも同じくでしたが。(→ここ)


まぁ、美しさの基準が、日本とは違いますので、なんともいえません。
日本人からみて、高い鼻、パッチリ二重に、翼みたいに飛べそうなくらいのまつ毛を
持つ人を「美しい」とするならば、割合が高くなるかとは思います。

でも、日本人からしたら色んな意味で「濃い」かもしれません。
北イタリア出身の同僚の写真を薄いイタリア人のつもりで見せたら
友達に「濃いね~!」っていわれて、
そのあと南イタリア人の写真をだせなくなったことがあります。。。



実際、イタリアで見るイタリア人のわたくしなりの感想。
女性編

いるよ、いるのよ、知的で内から出る賢さ、教養のある方。思いやりがあって、
話も楽しくって。
仕事関係で知り合って、個人的なお付き合いをさせてもらっているイタリア女性は
どちらかというと、こういう方が多いです。

でも、目につくのは、 無用にセクシー系な女性。
なんだろう、「フォーマル」とか「気品」とか「清楚」が全く見られない人々。
今から(夜の店に)出勤?みたいな。

胸強調&ミニスカート→「はいっ!わたしに注目~!」ってな感じ。
品のないフェロモン出しまくり。
日本は肌を露出しない=上品、イタリアは肌を出す(でも夜だけね)っていうのが
あるとはいえ、こういう集まりの時にその服着ちゃう?ってな
ちょっと微妙な時も多い。
そういうのを喜ぶ人たちがいるから、こういう人も減らないんでしょうけど。


昔は、そんなイタリア女性(→こんなの)を見ると、
「わ~すご~い!」と驚きで見ていました。
近年、そんなのを見ても、ビックリしなくなりました。
慣れって怖いですね。

TVでも、よく見ますよ。
なんでクイズの間に半裸のオネエチャンたちが、やたらと踊るのか(→ここ)
それは イタリアだから



仕事では、
「イタリアだから」で自分を納得させてます。
だって、想像を超えることが起こりすぎ。
↓ぱひ
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
いつも応援ありがと~♪


...つづきも読んでね♪

男だけではおまへんで

bambina

  友達からメールが来ました。
  「娘が、Delと
  プリクラ撮りたかったって言ってる」って。

  きゃ~ん♪ 
  わたしも娘ちゃんととりたかったよぉ♪

  オーストリアに20年近く住んでいる友人が、
  夏休みで、娘ちゃんと息子ちゃんと
  帰国しています。

  今回、2回会えました。

  私もイタリアの帰りに寄ったり、
  そこに夏休みに行ったりと、
  数回向こうでも会っているので、
  子供たちとも仲良しです。

  Facebookもお友達だし



写真はこの友達とは関係ありません。別の友人の子供と、
やけに顔は険しいけど、ピサで撮ったパパに走り寄る子供。
bambino

いいなぁ、子供。愛らしい。

なんていうの、
自分の存在より大切なものを持つって、
大変だけど、いいよね~。
羨ましい。


わたし、27,8才で結婚して、
今頃、子供も二人いて、日本脱出(当時はカナダ)
してるはずだったんだけどねぇ~。
あれ????

30歳までに5ヶ国語話すってのも
目標にしてたなぁ。
あれ????

どれも実現していませんね。
ははは。



roma


車、というか乗り物が好きで(→心をわしづかみ)この写真を載せたんとちがうのよ。

みて、これ。




えらいもん映ってました
後半の前に↓ぱひ
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

とうちゃん!

3月19日。

きのうは、父の日です。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ、イタリアで。

ちなみに、北米・日本などの父の日は、6月の第3日曜日です。

「父親に感謝を表す日」というのは、同じなんですけどね。

母の日は同じなのに、何で父の日は日本と違うん???と思ったあなた!

えぇ、私も初めて知ったとき思いました。(そんなことはどうでもいいですね・・・)


3月19日の聖人は、サン・ジュゼッペ。

ジュゼッペって、イエス・キリストのお父さんの名前なんです。

それで、イタリアでは、この日は、父の日となっています。

「キリストの父親ってそんな名前だっけ?」って?これ、ヨセフのことです。

日本だと、マリアとヨセフのほうがピンと来るかも。


私の元同僚が、カンパーニア州の出身でして、ここでは、
 Le Zeppole di San Giuseppe レ・ゼッポレ・ディ・サン・ジュゼッペ

という、ドーナツ状に揚げたシューの上に、カスタードクリームをぐるっと絞り、
アマレーナ(ワイン色のチェリーのシロップ漬け)をのせた、父の日のお菓子をたべます。

サレルノ近郊の友達の家に行ったときも、食べてたので、これを食べるのは、
ナポリだけではないようです。
Pasticceria
このお菓子の写真がないので、かわりに現地のPasticceria(ケーキ・お菓子屋さん)のショーウィンドーを。

オーストリアの友達に聞いてみたら、3月19日は父の日じゃないといってたので、
欧州が全部この日を父の日にしているわけでもないのね。


そして、日本では。

一昨日、3月18日は、彼岸の入りです。
3月21日が彼岸の中日。その3日前が彼岸の入り、3日後が彼岸の明け。
みんな、お供えして、亡くなった人のこと考えてあげてね~。


そうだ。
全然関係ないけど、思い出した。

ローマで、バスのチケット買おうと思ったのね。

ホント、前の話、関係ないね

夫婦でやってるような小さな店で、何気に入っていったら・・・・








日本在住だし、イタリア人と結婚してるわけでもないのに、
このブログをいつも見に来てくださって、どうもありがとうございます
すごく、うれしいです。感謝
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

ありがと、ローマ人

最初の一ヶ月、ローマ市内から、はるかに外れたところに住んでいました。
一応地下鉄は通っていたけど、そこからさらに、バスを2つ乗り継いで帰らなくちゃいけないの。
想像しただけでも、時間かかりそーって感じでしょ。
しかもイタリアだし。乗り継ぎが日本のようにうまくできていないから、待ち時間も長い。
でも、不思議とこんなもんだと思うと、慣れちゃうのよねぇ。

Metro
ローマの地下鉄。走っていると電車の汚れもわからない(笑)

でもね、やはり街の中心じゃないせいか、ATACのバスの運転手さんたちもゆったりしていて、
バスに乗るとき、座るまで待っててくれることも多かったし、乗車のとき目があうと
「おはよう」ってにっこり笑ってくれたり。

ATAC=Agenzia per i Trasporti Autoferrotranviari del Comune di Roma ローマのバスと鉄道と路面電車を扱う会社

概してですが、ローマの人って親切(おせっかい?)なので、
運転手さんに「○○に行きたい」っていうと、
"運転席の近くに座って"といわれ、到着すると"ここだよ"と教えてくれます。
一度、私、家の近くのところで、間違ったバスに乗っちゃったようで、まさに"迷子"になったことがあります。
自分のいる場所も、どっち方向に行きたいのかもわからない。。。

そしたら、「俺に任せとけ!いいからすわっとけ」って言われました。
でも本当に私の行きたいところわかってくれたかなと思ったので、「あの・・・・」っていったら
「大丈夫だって言っただろ。すわっとけ!」だって。
あはは。ぶっきらぼうだけどいい人でした。

いつもどこかに行く前に、ATACのサイトで、ルートやバスの番号を調べて最短・簡単のいき方を
選んでいたんだけど、行き方の簡単なほうより、最短時間を優先して、いつもと違うバスにのったら、間違った。。。。。がっくり
だって、一つのバスのラインで、同じ名前のバス停が2つあった!!
そんなのありかよー。
おうちに帰れなくなりそうで焦りました。
しかも、いつも乗る場所だから、自分の乗るバス停の名前見てなかったし。
そんな時、イタリア人って、親切なんだよねぇ。

別のときに間違えたときには(何度もやってますjumee☆imbeaten1R)、バスを降りてちょっと歩いたら、
kao02 ・・・・・・・売春婦がいました。
あわあわ・・・なんて通りに来てしまったんでしょう。
バス会社のサイトじゃ「この通りは、いかがわしいです」とは、書いてないからねぇ。
私も、まっすぐのその道を歩いていたから、
私も、娼婦に間違えられちゃうんじゃないか? 
って焦った~(笑)
あやうく、商売するところでした。あぶない、あぶない。


もうすぐ丑年も終わっちゃうので・・・
後半の前に↓ぽひっとヨロシクkao01
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

こわっ・・・イタリアの闇

テヴェレ川

時々イタリアの新聞をネットで読んでるんですが、今日はその話題を。
訳すのが遅くなったんでもう話題が腐りつつありますが・・・
ちょっと前のことなんですけど、ローマでブラジル人が可燃物をかけられて殺されました。
焼死でございます。

ほら、これよりもう少し前に、日本でもニュースになってましたけど、
白昼堂々、ナポリで射殺事件がおきて、通行人も騒がず撃たれた人をまたいで通っていた・・・
ってのがあったじゃない?

あれより、黒い感じがするんです。
なぜなら、台所の流し台の水中に、この人のノートパソコンが沈められていた。。。
だだーん、証拠隠滅です。
このPCパソコンのなかには、政治家や財界人を含む売春顧客データが入っていたらしいです。
今警察でデータの復元作業をおこなっているそうな。
でもねぇ、警察もわざと復元しないんじゃないかって思うのは私だけでしょうか。
だってね、元ニュース系番組の司会者の前ラツィオ州知事の事件に関係しているから。
圧力がかかるんでない?
「前」州知事っていうのもね、彼、これを理由に先月辞職してるの。

この殺された人は、いわゆるニューハーフさんで、事件のちょっと前に誰かに殴られたんだって。
で、今回焼かれて殺されてしまいました。
彼女(彼?)は、ラツィオ州前知事マラッツォ氏の買春疑惑にかかわっていまして。
きっかけは、この人じゃなくて、ナタリエっていうこれまたニューハーフさんとの売春。
前州知事がこのナタリエという人と一緒の部屋にいたところを
カラビニエリ(軍警察)がビデオで盗撮し、恐喝してお金を脅しとった。
で、この恐喝事件をきっかけに、今回殺されたブラジル人の人とも売春していたのがわかり、
知事は辞職。で、修道院に逃げる。
奥さんいるのに・・・・・jumee☆faceA195d そして、売春相手は焼死。

うお~、まるで映画。



こわいね~↓ぱひっとして後半へ。Grazie福助
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

あっしは違います

明日お墓参りにいってきま~す。ってしょっぱなから墓の話ですいません。
11月1日は万聖節 Ognissanti (おっ兄~さんち?)の日でございます。
全聖人に祈りを捧げる日です。
※はじめ、Ogni Santiと書いていましたが間違いです。ごめんなさ~い。がっちゃんさん、教えてくれてどうもありがとう!
2日は、死者の日 Festa dei Mortiで、
死者の魂のために祈りを捧げる日です。
亡くなった方を弔う日本でいうお盆とかお彼岸みたいなイメージで、お墓参りをします。

かなり親しい付き合いをしていたDel母のいとこがカトリック教徒でして、
まぁ、キリスト教徒とは思えないくらい、激しくはっきりした性格だったんですが苦笑い
(イタリア人もそうだから、キリスト教徒が皆穏やかな性格ではないわね。)
去年彼女が亡くなったので、行ってまいりまする。
「粗仏(キリスト教では仏って言わないけど)のうちは毎月行ってあげなくっちゃね」って
Del母言ってます。
彼女の息子の英語の宿題を私がやったこともあったなぁ~、がはは。なつかしい。

とっても正直な人で、私の大好きなおばちゃまでね、もう、面白ネタが満載だったの。
彼女の行くところ、事件は起こるみたいな。まだ50代だったから早すぎたわ。
亡くなった今でも親戚の中でよく話題に出るオモシロおばちゃまです。



さて、今年の夏のイタリア旅行で、友人Mちゃんと
チェーン店じゃない店にしては、ちょっと大きめのお店で服を物色していました。
夏のセールをやってたの。

Mちゃんが試着中、おいらはセール品をチェック、チェーック

すると、とあるイタリア人のシニョーラが、
「すみません」と声をかけてきた。

「はい?」と答えたら



日本で5000円しそうな服が600-1500円でした。
↓セールばんざ~い
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

うまく言えないけど、かなり衝撃的でした

今日のお話の前にひとつ。

ローマのぼったくりレストランが閉店になったニュースがありましたが、(→ここ
閉店になるきっかけとなったお方がいます。(→この方
私が、去年、ローマに2ヶ月いたとき、宿泊先トラブルに見舞われたとき
助けてくださったB&Bの方です。(→ステキ・オーナー

ニュースでは、詐欺にあった被害者が警察に届け出たとなっているけれど、
その場でクレームをつけられず、悔しい思いをした彼らが、警察でうまく説明できるわけはない。
そんな彼らにつきそって、説明し、おそらく最初は警察に適当にあしらわれたんだろうけど、
ねばって、熱く説得してくれたんだろうなぁとおもったら、
実際そうだったようです(→被害者の方の声(コメント欄参照)

この被害にあわれた方も、状況を知らない方に非難されたりする可能性もあったのに、
ちゃんとB&Bの方のブログに説明をいれて、えらいと思います。

それにしても、警察を動かすほど尽力されたB&Bのオーナー夫妻に
あっぱれ!です。

彼女たちの功績は、非常に大きい。

警察署長さんが出てきたこともラッキーだったかもしれないけれど、
このままではいかんと思わせるものがあったんだと思います。
やっぱり人間って心の中が伝わるものですから。

オーナー夫妻に、功労賞を差し上げたいです。
日本の警察よ、贈呈しておくれ。海外の日本人を守ってくれた功労のために。


私、そんなB&Bに今回もとまります。ローマの主要駅、テルミニ駅目の前にあります。
DioclezianoB&B
Via Gaeta 79 Roma Italia
Tel (+39) 06 485086
Email info@diocleziano.com


           

さて、本日のお話。
いつも行っていたスーパーAuchanの帰り、バス停で車椅子の男性に会った。
バスを待っていたら、彼がやってきて「どのくらいバスを待っていますか?」って。
もうすぐ来るかどうか知りたかったんでしょうね。
日本なら時間通りに来るから時刻表を見るけど、ここでは待ち時間から、
そろそろ来るだろうと計算。うぷぷ。

彼も、買い物の帰りなのか、スーパーの袋を
車椅子のうしろのフックに引っ掛けていて、うまいなぁなんて思いながら何気に見ていた。
足が片方なくて、事故で切断でもしたのかなぁなんて。

彼は、バスに一人で、うまいこと乗り、一人暮らしなのかもしれないけど、
一人で交通機関に乗って、買い物に行き、すごいなぁなんて、ちと思いつつ。

さすがに降りるときは、一人ではちょっと無理で、
声をかけて、乗客に手伝ってもらっていました。
また、乗客の人もね、普通に手伝ってて(スロープなんてない)親切でした。

運転手は、・・・・・・見てるだけ。
日本は、運転手だけが、手伝う。ちがうねぇ、イタリア。

数日後、またいつものスーパーに行ったら、その人を見た。



先日、初物のスイカを食べましたみなさんは、スイカもう食べましたか~?
↓ぱひっと、してから後半へ
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

今だから言えること

あ~、ちかれた。ここんとこ、忙しいのよねぇ、仕事。
ランチタイム以外朝から晩まで、まったく会話せず仕事をしてまっす。
イタリア人には無理な業です、えぇ。

やっと、明日からお休みです。明日は本当に休みます。爆睡ですな。
きっと起きたら昼だろう・・・。
もう、一般の方はゴールデンウィークに入ってるんでしょうか?

ところで、ワタクシ、やっちまいました。太っちゃいましたーがーん
なんと5キロがーん

しゃ、シャレになんねー。30代のあなたなら、わかってくださるでしょう、
20代の5キロはすぐに落とせるけど、30代の5キロは落ちね~んだっ。

今の職場に来てまだ半年なんですけど、前職は日本国中、海外も飛び回っていたのに、
今じゃ室内に監禁勤務。動く度合いが雲泥の差。
ショーック
 あとね、ストレス太り。たぶん。
 ワタクシ、仕事だけじゃなくて

 私生活がうまくいってなかったり
 すると太る人なの。。。。。
 仕事や生活がうまくいってるとね
 痩せるんですよ~

 正確には、
 「デブになった分の肉が落ちる」
 なんですけどね。

 職場のみなさんは、みな親切で、
 プライベートで遊ぶくらい仲良しなんだけど、
 いかんせん、仕事内容が
 ワタクシに向いてねーでげす。
 やれるけどさ、面白くないのよ。
 
 予感がしたので、太らないようにと、
 帰りは30分かけて
 歩いて帰ったりしてたのに。。。。。

あとは、ほら、今後のことを色々考えてたら悶々と・・・
そしたら、なんと白髪が・・・。根元が白くて残りは黒いの。グラデーション白髪でござる。
老けたからか、色々考えてるからか???
むかーし、10円ハゲならぬ、10円白髪とでもいいますか、
まとめてドバッと一箇所にだけ白髪が(その時は一本まるっと白髪)できた前科もちなんです。


さて、ローマ日本人学校に連れて行ってくれた日本人のI子ちゃん。
ある日、何かの用事で事務所に行ったら彼女も来ていて、
受付のお姉さんに「彼女(I子)が何を言ってるか教えてくれない?」っていわれたのが出会いでした。
彼女はイタリア語習い始めたばかりだったし英語も苦手だったみたい。

彼女はまだ20才になったばかりで(若いっ!)、
若者だけが持つ”怖いもの知らず”と”強がり”なかわいい子でした。
おばちゃんは、一大決心、かなりの気合で、やってきたイタリア2ヶ月なのに、
そんな気持ちは微塵もない20歳のお嬢ちゃま。
1年間もいるからか、高い授業料も気にせず、平気で何日も休んだりしてました。

学校でたまに見かける以外、
ほとんど一緒に行動したことはなかったけど、一度ワタクシのアパートに来たことがあります。

夕飯を作って、彼女の将来の夢をきいたりして、おしゃべりしてたら
思いのほか遅くなっちゃったのね。
ワタクシと違ってまだ若いし、襲われたらいけないので、バス停まで送ることにしました。
一緒に住んでいたチェコ人の子はあいにくまだ帰ってきてなかったけど仕方ない。

外は真っ暗、ひとけなし。そしたら、道に迷ったー!!

バス停がないよー!あったけど、探している番号のバスが通ってないよー!!



明日からコアリズムでもやるかー?????
↓ぱひっ
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

ブヒッブヒッ

この間は、ローマで突き飛ばされたことを書いたんですが(→「くぅ~!くぅ~!外国人としてのワタクシ」)
あれね、普通じゃないですからね。
まぁ、日本じゃありえないけど、イタリアのいろんなところに行きましたが、
ワタクシもはじめてのことでございました。

なので、旅行に行こうという方、そんなに構えなくても大丈夫です。
基本、ローマ人は親切ですから。
ワタクシのブルガリア人の友達は、大阪のようにうるさくて、ちょっと乱暴なローマのことを
「ローマ人は、Maleducati(粗野、無教養)だ!」っていつも文句言ってましたが(笑)

ローマのたそがれ時Via Nazionale 
写真は、ローマの大きな通り、ナツィオナーレ(Via Nazionale)のたそがれ時。
この写真をとった10月から3ヶ月、道路工事もさすがにもう終わっただろう。

日本じゃこういうことないよなぁって思うこと。
バスの切符を買いに行って、
「うちは、歌わなきゃ売らないよっ!」っておばちゃんに言われた。
冗談かと思って適当に返事したら、ただの意地悪だった!
売ってもらえませんでした。
サービス大国、日本だったらありえない。
隣にオヤジもいたのに、助け舟もだしやしない。
でも、いいもーん、ほかで買うから。そんな人の店には二度と行かないもーん。


ローマ人って、正直だ(というか声が大きい)なぁって思うのがね


「ローマ人は声が大きい」に1票の方は
↓ぱひ~ん
ランキング


...つづきも読んでね♪

くぅ~!くぅ~!!外国人としてのワタクシ

週末は知人の山のセカンドハウスに連れて行ってもらい、
ご近所の人も合わせて、10人ほど集まって大宴会でした。

鹿、いのしし、鴨、熊など普段口にしない生き物たちを食べてきました。
ほかに、鮎などの魚が数種類、かぶらなどの野菜。
すべてハンターの彼らが、文字通り取ってきたものだったり、畑で育てたものです。
皆さん、都会とは違う豊かな生活をお持ちでした。

この日は、自家製どぶろくをカクテルのようにアレンジしたもの、ワイン、ビール、バカルディと
ものすご~く久しぶりにいろいろ飲みました。
そしたら、夜中に頭が痛くて起きちゃいましたよ。えぇ、ただの飲みすぎです。

ワタクシの家族はアルコールは飲めない体質で、ワタクシも強くないです。
営業のころは接待もありましたし、朝までコースとかお客のオジサマ(常務や社長さん)に
ついていってましたが、今じゃパタッと飲めなくなりました。前に戻ったって言うか。
見た目で「タバコも酒もいけそうだね」って、よく言われるんだよねぇ。
でも、普段、まったく飲みませんからねぇ。いやー、しばらくアルコールはいいや。



突然ですが、ワタクシから見たイタリアって、トウガラシ唐辛子

常習性のあるもの、たとえていえばトウガラシ。

使いはじめは、すこし。ぎょえー、辛い!と衝撃的。
でもだんだんその辛さに慣れてきて、徐々に辛さを強くしていって、ハマっていく。

大量に取るのは体に悪いとわかっていても、やめられない。
辛いんだけど、ウマミのある味。

そんな国だよ、イタリアは。



この秋、ローマで、


後半の前に↓をぱひーんマウス(左クリック)
ランキング


...つづきも読んでね♪

しまった

Via Giulia

写真は、通りが素敵と言われているVia Giuliaジュリア通りのファルネーゼのアーチ。
テヴェレ川沿いの道からもう1つ中に入った小路です。

さて、イタリアにいると、あたりまえだが、イタリア人と話す機会がある。

とあるイタリア人は、某電力会社につとめている。
エンジニアって言うのかな。エンジニアっていってもその仕事の幅は広いが。

で、その彼は、親日派。
なぜなら、友達が日本人女性と結婚していて、イタリア女にない優しさのをいつも聞いているから。
で、実際日本に行って、非常に楽しかったらしい。

でも、電車の中がしーんとしていて、携帯に向かってひたすらメールを打ってる人、
熟睡している人がたくさんいて、
「 人はたくさんいるけど、自分は一人だ(孤独) って思った」といってました。

確かに、イタリアだったら、話してるもんなぁ。
「降ります?」とか声をかけたときに、にっこりしたり(日本人は無表情)、
近くの人とちょこちょこお話したり、携帯で話してたりと、人間生活って感じがするもんなぁ。


そんな彼と話しているとき、

「一度日本に住んでみたいな。日本に住めるならどんな仕事でもするよ。」

(あー、お前もか・・・・・)と思ったワタクシ。だってよく聞くセリフなんだもん。


この人、「ウェイター(カメリエレ)でもいいよ。」と言った。

「え?ウェイター?」とワタクシ、思わず怪訝そうな顔をしてたみたい。

そしたら、


↓ぱひーんマウス(左クリック)としてから後半へ、Goスキップ
ランキング


...つづきも読んでね♪

誘われて~

誘い、さ~そわれたらカーニバル、キッスは命の火よ、アモーレ~、アモーレ~ (中森明菜 ミ・アモーレ)

この歌を知ってるアナタ同世代ですね~。
この歌、リオの街って歌ってるし、ミ・アモーレってポルトガル語でイタリアには関係ないんだけど。
ま、細かいことは気にしな~い。

そして、この歌でワタクシが何を言おうとしているかわかったアナタ


スバらしい


そう、ここ観光名所ローマでは(ローマでもか!?)、ナンパがお盛ん。


というか、イタリア人、いや、ローマ人は、乗り物の中や、店の中どこででも人に話しかけますね。
今までイタリアの20ほどの都市に滞在したのですが、ローマ人は特に誰とでも話すような気がします。
人間とのかかわり方が近いっていうか。

何かと話す機会がある。

トラム(市電)の席って向かい合わせに4人とか、横並びになっています。
ワタクシ、どう見ても外人なんですけど、何度話しかけられたことか。
結局、降りるまでずーっと話すことになったり。

ローマが、「自分の知ってる関西みたいだ」と時々はっ!っとすることがありました。
うちは、親族の出が関西なんで、ローマに着てから違和感ゼロ 楽しめました。

別の地域から来てた日本の方は、
声が大きくてうるさい 道が汚い 

すぐに感情をあらわにする 車の運転が荒い 
などなど言ってました。

はい、まさに大阪たこやき

ホント、誰にでも話しかけてくるんだよね。外人の私にもフツーに道を聞いてくるし。

行き方がわからないときなどは、誰か一人にきくと、周りにいる人たちも一緒になって
「私たちに任せとけ。降りるときは教えてあげる」って言ってくれてすごく助かる。


でもね、概して、平日の昼間にナンパしてくるのは、ろくなやつではございません。

ワタクシも、ほりゃ、何度かありましたわ。
イタリアにいたら、これ、ふつーふつー。特に特別なことではありましぇん。



しかも一度なんて・・・


...つづきも読んでね♪

ステキ・オーナー

ローマ滞在中にね、アパートのトラブルがあって、突如一週間ホテル滞在となったときがあった。

昨日の今日で出なくちゃいけないから、ネットで、ちんたら探している暇はない。
仕事でよく行ったミラノなら、いつものところにってできたんだろうけど、
何せローマは、2回しか来てないし、一度は友達とバックパッカー旅行、
前回は留学していた友達の家に泊まらせてもらったの。

・・・ごひいきホテル、なし。

えらいこっちゃー

そこで、ダメもとで 泊まったことはないけど、名前は知ってた、とあるB&Bにメールを送ったの。

バックパッカーのときの記憶があったので、この年でB&Bもなぁって思ったんだけど、
ホテルによっては、鍵をいちいちカウンターに返さなくちゃいけなくて、それがイヤでさぁ。

そのB&Bから、返事が来た。

早い、且つ、すごく親切な返事が

私がお願いしたうちの数日はOKだけど、空き部屋がない日もあったのね。
そしたら、近くのホテルかB&Bの手配をしてくれるって!!

なんて親切なんでしょう
「秀樹感激!」(古い?)いや、Delfino、大感激

も~、海外で一人困ってたときに、こうやって助けてもらえてすごくウレシカッタ!

そりゃ、商売だからって言ってしまえばそうだけど、対応がそういう感じじゃなかったのよねぇ。
着いたその日、到着した時間が早かったのね。
そしたら、オーナーさんが、お部屋があくまでしばらく一緒におしゃべりしてくれて、
ガイドブックも滞在中ずっと、無料で貸してくれて、

そして、「今から水タバコを吸うけど一緒にどう?」って誘ってくれたの。
えぇ、もちろん参加
今まで吸ったことなかったので、試させてもらいました。
トルコ料理店でおいてあるのを見ていて、興味あったんですよねぇ。

水タバコって、リンゴなどの香り付けしたタバコの葉を炭で熱して、ビンの水を通して吸います。
中東では、呼び方もまちまちで、たいてい数人で雑談とかお茶しながら吸うようです。

吸ってみた感想は、普通のタバコよりずっと軽く感じました(ワタクシ普段吸わない人ですが)。
アロマみたいにいいにおいなの!!

が、実際は、水がニコチンをたくさん吸収するわけじゃないし、タバコはタバコで、
同時間内の煙の量だけ測ると普通のタバコより多いんだって。
このいい香りで、タバコだって忘れそう、これヤバいよ!
良い体験させてもらいました。

ほかにも、


...つづきも読んでね♪

ありがと、おじちゃん

イタリアって驚くほど親切な人もいれば、信じられないくらい無礼な人もいる。
ま、どの国にもどちらの人もいるが、イタリアは極端なんだよねぇ。

だからとっても印象に残る。

今回、ローマに4週間、その後2週間を北イタリアとオーストリア、
で、またローマに戻って4週間という滞在だったんだけど、
ローマでの前半と後半、違うアパートに住みました。

オーストリアから戻ってきた日、
アパートを借りる契約は済んでいて、大家さんと午後2時にアパートで会う約束をしてたの。
で、重い荷物をもって、タクシーに乗りこんだ。

その時のタクシーの運ちゃんが、私が言った住所を聞いて「え?どこ?」って聞き返したのよー。
たいていイタリアの運ちゃんは、道を言えば「へいへーい」ってスイスイ運転し始める。

なのに、このおじちゃん、地図を見出したー!!
おーい、大丈夫かー?

このタクシーを呼んだ、知り合いをうらみそうでした。

すごく感じのいい人だったんだけどね、ちょっと心配になったわ。


...つづきも読んでね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。