Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブン・ブン・ビー

こんにちは。
今日、道でナンパされました・・・・・・・・・・・・・・・・インド人に(笑)

わたくし、南方系の顔とは言われていますが、とうとうここまで来ました!
しかも、スーツ着てたのに。
ナイス・チャレンジ、インド人    道を聞くのかと思ったから、びっくりしたぜ!

そして、今日、仕事場に、そっち系の方が来てました。パキスタンの人かな~と思って
聞いてみたら、インドだって。
ということで、今日はわたくし、インド・デーでした。

それでもイタリアなワケ

突然ですが、問題です。

これは・・・・・・・・                      はい、箱です。

じゃなくて、この箱で、何を飼育しているのでしょ~か?


それでもイタリアなワケ
正解は、



金・土・日の三連休のはずだったのに、前の晩、電話があって、
半日出勤になりました~(日曜だったのにっ)     おかげで、7連勤決定!
気の毒に~の↓ぱひ~
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト


...つづきも読んでね♪

西洋の漢方薬とアレルギー

あーさっぱり (って、風呂かっ)。 ちゃうねん、髪を切ってきましたの。
しかし、ちょっと打撲~。イタイ・・・。

なんのこっちゃ、でしょ?

私が通っている美容院は、髪の担当の美容師さんのほかに、別の人が、
眉毛の処理とマッサージ(ワキ毛じゃないよん。ワキって読んだ人いたでしょ~
をしてくれるんです。しかも、サービスで きゃ、ステキ

マッサージはいつも「もっともっと」ってくらい気持ちよくって、髪よりマッサージで来たのか?みたいな。
しかし、今回やってくれた女性は、やばかった。マッサージがねぇ、キョーレツ。

トントントンとたたくかと思いきや、いきなりドッスドスドスと力任せだわ、
もめば指先にだけ力を入れて、筋肉も筋もほぐしもせず、ムギューって一点だけを押しやがる。
激痛が走り、気を失いかけたら、わたしの頭を両手10本の指でつかんだっ!

ちょっとぉ!、あんた、つぼを押してるつもりかもしれないけど、ぜーんぜん入ってないからっ。
場所が、ちがうっつーねんっ!!
見事にひとつも気持ちいい瞬間がなかったので、
若干切れつつ「あ、もういいです。ありがとう」って言って、やめてもらいました。

おかげで、鈍痛でぼーっと。かわいそうだったけど
「私カイロの学校に行ってたことがあって、筋肉とか筋とか、ツボも勉強してるのよ」って
何気に予防線を張っておきました。
次回やるときに、気をつけるだろう。いや、もうこの子には、マッサージやってもらわないわー。



いや~、今年は花粉症の症状が、今までになく軽~い 
高校時代をピークに年々軽くはなってきていたけど、それでも毎年、
くしゃみや目ヤニで、病院へ薬をもらいに行っていた。
が、今年は、なんて楽なのぉ~ なんともない。

実の姉とは比較にならないほど、何でも話している、オーストリア在住日本人友達が、
花粉症に苦しむ私に、これを送ってくれました。

Globuli


  「ブログリ」いうそうです。
  日本語で言うとホメオパシー。

  東洋の漢方薬みたいなもの。
     詳しくはこちら →ホメオパシーとは

  国によっては、伝統医療として扱われ、
  健康保険でカバーされたりするものもあるそうな。

  イギリス、ドイツなど欧州各地で
  伝統的に使われているようです。

  日本ではまだ保険は利かないけど、
  花粉症患者に、花粉のエキスを少量ずつ与えて、
  免疫をつけるというのと同様のものです。


私は、グロブリを使ったことないけど、子供のころから漢方薬(というか、草?)を
煎じてお茶にして飲んでいます。
ひどいアトピーだったり、かぶれ易かったり、今ではうそのようだが、体も弱かったので。

オーストリアの友達は、これを毎年使用しているんだって。
どういうものかも説明してもらって疑問が解決したので、今年は病院の薬じゃなくて、
これを、服用しようかと思っていたんだけど、症状が軽いので封を開けずに、
来年までとっておくことにしました(使用期限チェックしました)。

正露丸より1-2回り小さい半透明の粒で、種類によって、
毎日3回、週に一回、症状がつらいときは一日何度でも使用していいものもあります。
びっくりしたのが、 虫さされにきくグロブリ というのもあるそうです。
まさに漢方薬だ~。



木につくガンも、漢方薬になるものがあります。
おいら、切り株も削って飲んでたんだぜ~。イエイ
↓ぱひっと1クリックご協力お願いします
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

おフランス・ラブの人すいません

ブログ、ふっか~つっ ファイト いっぱぁぁあっつ

はい、このくらい気合を入れないとダメないくらい、くにゃくにゃです。


さて、先日、レストランで、下のような、かわいらしいスズランをもらいました。
というのも、5月1日は、フランスで、大切な人にスズランを送る
La fête du muguet の日
スズラン mughetto

イタリアのミモザの日(これは女性にのみだけど)
のような、スズランの日です。

フランス語のスズラン、muguetミュゲは、
イタリア語で、mughettoムゲット
言語の系統が同じだから、よく似てますね。
 
渡す人は、相手の1年の幸運を祈って贈り、
もらった人は、幸福が訪れるということだそうです。
ステキですね こういうの。

ケルト人の時代から、スズランは春のシンボルらしい。
(私は、アスパラやたけのこなどの食べ物で
春を感じるんだけど
鈴なりの花がつくので、(たくさんの)幸せを
呼ぶものと考えられていたようです。


レストランでもらったと言っても、フランス人の彼がいるわけではございましぇ~ん(笑)
わかってるって?
実は私、フランス人ってちょっと苦手なのはは。正確にはフランス人女性。

今まで同僚、同僚の友達などで数人接触したことがあるんですが、
あんまり印象よくないのよねぇ。
たった数人で評価しちゃいけないのはわかってるけど、我が強いわ、子供に厳しすぎるわ、
グチグチいつまでもいってる人とかだったんだよね。

日本人のだんなとの離婚を考えていると相談を受け、弁護士や相談場所まで世話したのに
弁護士ときいてそこまで本気じゃなかった、やめた、とか。
大学で第二外国語がフランス語だったんですけど、そのときの先生♀のこと大嫌いでねぇ。
イタリアで知り合ったフランス人女性の人たちも、とっつきにくかったわ。
きっと、日本人に興味がなかったんだろうなぁ。
私が知り合ったフランス人は、なんでか、こういう人たち

でも、フランス旅行したときの、南フランスは、ものすごく好印象だったよ
(パリのフランス女性は、めーっちゃ印象悪かったけどね・・・)
こんなことから、フランスの印象の良し悪しは、4:6なのだー。
この印象が変わることを願って、そのうちフランスに行ってみようかとは思ってます。

外国人と接するときは、自分がその人にとって唯一の日本人になるかもしれないので、
良い印象を持ってもらえるように気をつけようっと。



後半は、別の話題よ~ん
疲れた中年に親愛のクリックを~
それでもイタリアなワケ


...つづきも読んでね♪

ブルン、ブルンッ

MEGANE
         メガネ? では、なく。
フランス、ルノー・メガーヌ・スポールでした。

いやー、大学でフランス語を3年勉強したはずなのに、見事にすっかり忘れている自分に
びっくりしました!いやはや。

ところで、乗り物つながりで・・・・これは、去年の写真なんですけど、
この沿道にわんさかいる人々が、何を待っているかというと、
沿道の人々


これ↓

バイク
ヤンキーじゃ、ありません(わかってるって?)

イタリア人が発音できない やまぁ (まにアクセント)とか
おんだ (おにアクセントでお願いします)でも、ありません。



夏が終わりかけているけど、いやだぁ~まだ夏でいい!
という私と同じく夏好きの方は
ぽち↓
人気ブログランキングへ


...つづきも読んでね♪

10周年

今年で、 ユーロ導入10周年

すごいねぇ、早いものです、時の過ぎるのは。
10年を記念して、2エウロ硬貨がでるそうですね。

導入直前、1998年の終わり。もうすぐユーロが始まるというとき(1999年1月1日から導入)に、
日本に里帰りしていた友達のだんなさんがくれた、50CENT。

当時、TVでしか見たことのなかったユーロ。
とても感激して、つい最近までお守りのようにお財布にいれてあった。

紙幣のデザインは各国共通で、番号で製造国がわかるようになっています。
硬貨のほうは、各国独自のデザインです。

硬貨すべてが、同じデザインの国があったり、各コインでデザインを変えている国もあったり。

数年前、イタリア人家族と一緒に年末、お金をかけてトンボラというゲームをしたことがあるのね。
そのとき、何気なくコインを出してたんだけど、
子供たちが、

「わー、スペインのがある。」「こっちはフランスだよ!」

とかいいながらコインを見てるのをみて、知りました。
何カ国のコインがあるかチェックしながら、
「Del、いっぱいあるってことは、すごい負けてんだね」だって。 kao04たはっ!


ユーロが始まったとき、お祭りのように沸き立っていたなぁ。
私ね、この欧州の動き、


後半の前に↓ぱひ~んをよろしくjumee☆DaNcE1
ランキング


...つづきも読んでね♪

いやされました

ある日、ワタクシが、歩いていると・・・・

馬

        ウマ

走ってくんなや~(関西弁で読んでね♪)

うま


うわぁぁぁぁあああえぇ(あんたら、近づきすぎや~)


...つづきも読んでね♪

奇跡

南フランス ルルド
※幅の狭いブラウザーでご覧の方は、写真が大きいためブログのレイアウトが崩れる可能性があります。

ずっと行きたくて、訪問が現実となったとき、感激した場所。

TV番組でここを紹介していたの。
その時、家族全体の運気が悪く、母も病み上がりで、これは行かねば!と思ったのよね。

旅行はどこへ行っても楽しい。ここに行ったときは、その上、達成感までありました。
「おいら、とうとう来たぜ!」みたいな。行けて、嬉しかったなぁ。

カトリック系の幼稚園に通ってはいたが、無宗教のワタクシ。
だって、一番近い幼稚園がたまたまカトリックだっただけなんだもん。
親が仏教徒なので、お寺にもいくし、教会にも、行けばお祈りをする。

何でそんなに嬉しかったかというとね、ここは、「奇跡の水」があるところなの。

ここは、ピレネー山脈のふもと、ルルド。
南フランス
フランスとスペインの国境になっているピレネー山脈の麓にある街です。

人口1万6千人ほどの、のどかな街でございます。
街を流れる川の水の澄んでいることといったら!治安もいいので、外国という感じがいたしません。

ベルナデット・スビルという少女が19世紀に聖母マリアに出会い「ルルドの泉」を掘って以来、
カトリックの聖地とされ、巡礼者が世界中から集まってきます。

その数、年間 500万人。ひょえ~人口の500倍

後半は写真もあるけど、めっちゃ長いよ~。


...つづきも読んでね♪

一度はおいで~

フランス旅行

こんにちは~。先日、部屋の掃除をしてい写真を見つけました~。

ど~こ~だ? 

この写真でわかったらかなりすごいです。

前に私の友達がいったモン・サン・ミッシェルじゃないよ (詳しくはこちら→フランスの旅)

ヒントは・・・・ここもフランスです。


...つづきも読んでね♪

女性の皆さん、お気をつけになって♪

数十年前の海外出張って、旅費もすごかっただろうし、責任も大きかっただろうけど、 
スケジュールのことだけ言えば、今よりゆったりしていたんじゃないかなぁ。

今は、出張中もPCもって行くから、海外の企業と打ち合わせをしたり、日本にいる同僚や同じように海外出張中の同僚とPCを使って会議をしたり、メールで会社に指示をおくったりと忙しい。
オンタイムで色々話せたり、変更連絡が簡単にできるのは良いんだけどね。

私がいた会社は、秘書なんていないから、自分ですべて手配するのね。
それが当たり前だと思っていたら、友人の会社は「この辺りで」って言っておくと事務の人がホテルやチケットを取っておいてくれるんだって。ほぉ!

うちの出張というのは、自分のためだけに行くのじゃなくて、部署の代表でいくので、
他の営業の顧客の状況や品質など細かいところを打ち合わせたり、サンプルやデータを揃えたりと直前は結構忙しいのよね。

私が海外出張に行くときは、仕事上の目的達成と、もうひとつ、無事に帰ってくることも仕事の1つでありました。

基本的に一人なので、事故も盗難もなく帰ってくるのもお仕事のひとつなんです。
実際、事件に巻き込まれた同業者さんもいるので。
行く場所がほとんどマイナーな地域だったりするし、一応女性一人だし。

そして、男がメインの業界だったので、周りが、兄ちゃんやおっさんばっかりなわけです。
キャ~危険!(ウソです)

で、どこへ行くにも挨拶がついて回りますが、海外で、出張や旅行、友達に会う時にするのが、

握手 と 頬へのキス(というより頬と頬をあわすに近い)


...つづきも読んでね♪

クリスマス気分


つい先日、お出かけしてきたら、まー、デパートはすごいクリスマス商戦でしたわ。
えらい人で、外は寒いのに中は汗書いちゃうくらい暑いの。は~、参った。
子供やカップル向けの商品でいっぱいでした。

こんなかわいい展示がしてあったので、写真とってきちゃった。
クリスマス人形4

今の時期、イタリアも親族へのクリスマス・プレゼントを山ほど(本当に山)買うもんね。
取引先の人にもチョコやらお酒やらちょうど日本のお歳暮のようにいろいろ送りあいます。
クリスマス人形3 

 あ、サンタが切れてもーた。


     クリスマス人形5
クリスマス人形

かわえぇなぁ。
若いんだか年寄りなんだか
よ~わからんけど。

そういえば、去年はクリスマスの
15日ほど前に(遅っ!)
イタリアへ荷物を送ろうと
郵便局へ行ったら

「イタリアはいま
遅れてますから一ヶ月くらい
かかりますよ」って局員さんに
開口一番にいわれました。

D:「普通郵便じゃなくて
  EMSでもですか?」
局:「はい」

・・・・・・・・・・・・・・・・だそうです。さすがイタリア、クリスマス時期は機能停止ですね。


...つづきも読んでね♪

フランスの旅

友人のSちゃんが彼女のママの還暦祝いに、二人でおフランスへ行ってきました。
パパを置いてっていうのがミソね。

い~ね~。私が最後にフランスへ行ったのは、もう12年も前だ。

ツアーで、パリとモン・サン・ミッシェル、その他諸々に行ったんだって。
モン・サン・ミッシェルは、フランスの西端。
日本で車のCMにも使われているカトリックの巡礼の地ですね。

位置     モンサンミッシェル

満ち潮の時には海に浮かび、引き潮の時には自然に現れる陸橋で陸と繋がっていた修道院です。

ちょうど出発前日に、現地で公共交通機関の大規模ストが起きて、
我々友人は確実に、トラブルにみまわれるであろう友人を満面の笑みで、「がんばってね~」と見送った。

そ~んな彼女が帰ってきたよ~。


...つづきも読んでね♪

あぁ、なんてタイミング

職場のSちゃんが15日から10日間有給を使って海外旅行へ
彼女のママの還暦祝いにパパをおいて二人で行くんだって
い~な~。私もついていきたいわ~。

彼女の向かった先は、


おフランス


モン・サン・ミッシェルに行くんだって。パリからずーっと西側。フランスの西端。
日本で車のCMにも使われているカトリックの巡礼の地。
サン・マロ湾上に浮かぶ小島に築かれた修道院です。
モン・サン・ミッシェル

潮の満ち引きの差が15メートル以上あって、修道院のある岩でできた小島は、
昔は満ち潮の時には海に浮かび、
引き潮の時には自然に現れる陸橋で陸と繋がっていたんだそう。
でも今は道路ができて行き来がしやすくなった。

が、潮の動きも変わっちゃって、今では潮が島のところまで行かないんだって。
来る人が持ってきた種(体についてたりね)から草が茂っちゃってずいぶん昔と景観が変わったんだって。
で、世界遺産ていうこともあり、元に戻そうという動きがあって、
近い将来は道路を壊して橋ができるんだって。
モン・サン・ミッシェル2

ちなみにここでの名物はオムレツ
昔ながらのやり方で暖炉の直火で焼くんだって。ふわっふわのスフレのようなオムレツだそう。
大きさもかなり大きいが金額もすごい。

なんと、


↓ぽちっとよろしく
ランキング


...つづきも読んでね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。